画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


編集者から:「鹿児島市って本当に温泉だらけでした」旅した増田さんやスタッフのみんなが口にした感想でした。“秘湯ハンターの旅”ということで訪ねた色々なお風呂がバラエティに富んだ温泉アラカルトとなりました。噴煙を上げる「桜島」を初めてみることになったスタッフ・木村の旅日記です。


         
 

2月5日、桜島が久しぶりに噴火しました。
今も1年に千回以上も火山活動を繰り返す桜島には、昔から大勢の人々が住んでいます。
火山に縁のなかった私は、いつ危ない目に遭うか分からない場所を
なぜ人々は離れないのか…不思議に感じたこともあります。
しかし今回初めて鹿児島へ行き、人々と桜島との深〜い関係を知りました。

毎朝4時に温泉に入りに来る人。
温泉に浸かって、歩行困難だった足腰が丈夫になったと嬉しそうに語る人。
温泉で出会った人同士で意気投合し、グループを作っている人…

鹿児島の人々は、温泉を愛しているのです!
温泉王国としての恵みを与えてくれるのは、
紛れもなく活火山の桜島。毎朝見つめ、
“母なる山”と慕うのは、桜島の恩恵を受けていると日々感じているからなのですね。
噴火の恐ろしさを知りつつも、火山からの贈り物に感謝をする…
鹿児島の人々は、桜島と上手にお付き合いをしているのかも知れません。

そして、今回番組のトリを飾った指宿の「砂浜に湧く温泉」。
温泉が川のようになり、湯気が噴き出していました。
砂浜から浸み出て流れる温泉は本当に熱かった!
私たちスタッフも裸足になって撮影をしていましたが、
場所によっては60度もあろうかという熱湯を踏んでしまい、
大火傷を負いそうになったりも…
“大地は活きている”と肌身で実感したのでした。

画像
▲鹿児島の人々が母なる山と呼ぶ「桜島」


画像
▲“活きている大地”に手掘りで造った温泉

 



 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.