画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


編集者から:土井さんのさりげない、しかし的確な「美味しい・・・」の言葉で語られた五島列島の人々が自慢の味の数々。食材と島の人々との出会いを腹いっぱい楽しんだ土井さん。旅の終わりに、家族で名物の「五島うどん」を作る虎屋の南さんのお宅で披露した“土井流うどん”
「なんたって、美味しかったです!」というスタッフ蜂谷がレシピを記録しました。皆さんにもきっと美味しいマイうどんが出来ますよ〜



         
 

《マル秘!土井流お手軽簡単うどんの作り方》

番組に登場した土井流お手軽簡単うどんの作り方を
ここだけで特別にご紹介!

*用意するもの(使用したもの)
虎屋のうどん2人前
虎屋の「あごんちょび」(飛魚のオイル漬け)
五島の塩少々
大葉少々

*では
、土
井流・うどんの調理を始めましょう!

一、五島うどんを8〜10分茹でます。
画像

二、茹でている間に「あごんちょび」の中からアゴを取り出し、
食べやすいサイズに細かく切ります。
画像

三、風味付けの大葉を千切りにします。
画像

四、「あごんちょび」の中の椿油を皿にうすく広げ、
先程のアゴに大葉を添えて、下味が完成!
画像

五、茹で上がった麺を皿に移し、塩を少々加え、
最後に椿油をちょいたし!
画像
完成!(※出来るだけ早く食べるのがコツ!)


六、笑顔で食べる
画像

食べ方はあまりかき混ぜすぎないように、食べるのがGOOD!

急なお願いだったのですが、その場にあった食材で対応してくれた土井さん。
料理のコツは食材本来の美味しさをいかに消さないようにするか、
不味くなるようなことをしないことなのだそうです。
こんなに簡単においしいもんが作れるなんて・・・
私も料理、はじめてみようかな・・・皆さんも如何ですか〜

 



 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.