画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


編集者から:久本雅美さんの波照間島への旅、如何でしたか…
石垣島からのフェリーの中で、島の人たちに「波照間のいいところってなんですか」と訊ねる久本さんに返ってきた返事:「自然がいいですよ〜」そして「皆いい人だから、ともかく島の人と話をして下さい」と言うお話しの通り、島の人たちにすっかり馴染んだ久本さん一行。そんな事を肌で感じたというスタッフ木村からの旅日記です。
そういえばディレクターの伏谷がロケハンに出かけた折のこと、海が荒れて帰りの船が出ず、毎夜同じ店で食事していたそうです。当然、地元の常連さんたちとお喋りするわけですが、そこで聞いたこと、出会った人たちが番組作りの大きな力になったということでした。「あそこにこんなキレイな場所があるよ」「その話ならあいつに訊けばいい」などなど、ネット検索では出てこない活きた情報のオンパレード…久本さんにこの島の良さを知ってもらいたいという島の人たちの思いが、今回の番組の下地を作ってくれたと言ってもいいでしょう。波照間のみなさん、ほんとうにお世話になりました!



         
 

人が住んでいる日本最南端・波照間島。
いったいどんな人が暮らしているんだろう。
撮影に行く前、島の人たちに聞いてみたいことがたくさんあり、
いろんな方に電話をかけました。
みなさんの答は決まってひとつ。
「まあとにかく島へ来て酒でも呑みながら話しましょう」…でした。
事前情報ほぼゼロのまま島へ行ってみると、みなさん本当に親切。
電話ではあまりお話しできなかったので内心ドキドキしていたのですが、
私たちをまるで家族のように受け入れてくれました!
お酒を酌み交わし、どんどん深い話へ・・・
考えてみれば、電話なんて文明品でなく、
人と人との繋がりはやはり面と向かって
話をすることが大切なんだと、改めて確認させられました。
しかしみなさんさすがは沖縄の人・・・
お酒を飲むペースは凄まじく、そして強い!
深い話をする前に潰されてしまわないよう必死でした(笑)。
番組で紹介した夜の宴会の撮影のあと、
私たちスタッフも夜遅くまで杯を重ねました。
美しいビーチなど、手付かずで自然のまま、
人の暮らしも時間の流れがゆったりとして、
また帰りたくなるような、そんな島でした。

画像
▲リュウキュウアサギマダラ


画像
▲オオゴマダラ


画像
▲誰もいないビーチを独り占め!


画像
▲久本さんももう「大家族」の一員!


 



 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.