画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


編集者から:今回の旅日記は、初めて氷の風景の中を旅するという体験をした
スタッフ・木村からの報告です。ちなみに木村は瀬戸内海の島育ちです。
「この気分は、行ってみないと分かりませんよ〜」でした。



         
 

正直、気温の暖かい島で育った私には
「冬」「寒い」の良さがまったく分かりませんでした。
(雪国の方申し訳ございません)
会社に北海道出身の先輩がいて、
「寒いことのいいところってなんですか」と、聞いたことがあります。
そうしたら北海道出身の先輩は、
「すっごい寒い日に暖房の効いた家の中で寝るときの幸せ」と答えて下さいました。
そのときの私は正直、「??」でした。そんなことある…?
しかし…その「幸せ」が私にも分かる日が来たのです。
それは、今回のロケで生まれて初めて雪国・北海道・網走へ行ったときのこと。

外の撮影で体は冷え冷え…そして、ログハウスの室内の撮影に移る時、
内には先に取材先の方々やカメラマンが入っていました。
そのログハウスの扉を開けた瞬間、
「家に人がいる」という家族の温かさのようなものと、
キーンとした寒さからホワっとした温かさに身を包み込まれる、初めての感覚 ・・・
「あ、先輩が言っていた幸せはこれか!」と、
生まれて初めての感覚を味わいました。

それからもう一つ貴重な体験をさせていただきました。
「氷が張った湖の上を歩く」。
人が乗っても割れないのかな?
湖が全部凍るほどの寒さってどういうこと?
と、想像もつきませんでした。
実際に行ってみると「割れるわけがないな」というような厚さの氷でした。
60センチ・・・本当にすごい。
島ひとつはあろうかという大平原…北海道の自然の雄大さに感動しました。

東京は4月だというのにもう夏日を記録しました。
これまでは暖かくなることが嬉しくてたまらなかった私。
でも「網走の湖の氷まだ張っているかな」「まだ雪は残っているかな」と考えています。
今年はちょっと、冬が終わっていく感じが寂しいなと思っている今日この頃です。

画像
▲塩分の濃い海も少し凍っています


画像
▲ 私同様、生まれて初めて氷の上を歩いた
ディレクターの佐々木、感動のあまり…




 



 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.