画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


編集者から:まだ新人のスタッフ・島越、ますだおかだ増田さんとの奥会津の旅につづいての青森へ、山中崇さんとの旅。この旅でも初体験の連続…
田中Dの旅のメモやレクチャーに感心するばかり。「青森をたっぷり楽しめました」という山中さんの感じたものと重なったようです。
そんな中で、「色々見たもの、すべてが珍しくあれもこれも書きたいのですが…」という島越の旅日記の一部をお読みください。



         
 

島越です。「遠くへ行きたい」二回目のロケもなんとか終えることができました。
今回の旅先は本州最北端の青森県。僕にとっては全く初めての土地です。
打ち合わせの時に山中さんが話す「全部ランプの宿がある」、
「今でもマタギの生活を伝える人がいる」という話などを聞いて、
どんどんと興味が湧いてきた青森県ですが、まさに自然の宝庫でした!

獲れたての魚介類を新鮮なまま食べることができる青森魚菜センターの
「のっけ丼」は今まで食べた海鮮丼の中で一番美味しくてまさに宝石箱!
山中さんの「東京の築地でもこんなに美味しいのにはなかなか出会えないよね。
やっぱり獲れた場所で新鮮なまま食べるのが一番だね」という話に納得です。

そして、惜しくもカメラで捉えることはできなかったのですが、
トゲクリガニ漁ではイルカを発見するというミラクルもありました!
漁師の野澤さんの話では、陸奥湾にはこの時期イルカが遊泳するそうなんですが、
なかなか見られないよ〜と言われました。
山中さんは、そんなイルカに出会うことが出来、
「持ってる男」っぷりに驚いてしまうと共に、
自然の生き物との出会いをとらえるシャッターチャンスの難しさと悔しさを感じたものです…

画像
▲見えますか?イルカがジャンプしているところです…

そして、世界自然遺産・白神山地。
白神またぎの伝統を伝える工藤さんとのブナ林散策、
その道中で色々聞いた自然と人間との共存の知恵…
感嘆することばかりでした。

その他に、是非皆様におすすめしたい場所があります!
山中さんが「遠くへ行きた〜い」とオープニングで叫んでいた滝。
「乳穂ヶ滝(におがたき)」と言うのですが、こちらは高さが33mの滝で、
土地の守り神として祀られているそうです。
冬にはその滝が凍るのですが、凍った氷柱の滝の太さ、
形状等を見てその年の豊凶を占っているんだとか。
皆様にも、その荘厳な雰囲気を楽しんで頂ければと思います!!


「乳穂ヶ滝(におがたき)」
白神山地ビジターセンターより徒歩なら15分

画像
▲山中さんもその荘厳な雰囲気に「すごい!」と大興奮でした!




 



 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.