画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


★編集者から:「まだまだ新人です」と言うスタッフ・島越、サブタイトルにもありますように、今回は異国情緒がテーマにありましたから
何かないかな、と考えていたところでヒョッと気が付いた教会の精霊船のシーン、番組の中では説明し切れないことがままあるのですが、これを補足した新人の目の付け所としては「ヒットだと思います、いいと思います…」(番組内で流れているCMみたいですが…)旅先で出会う人々との印象記も少し板についてきたでしょうか、そんな島越の旅日記お読みください。



         
 

島越です。「遠くへ行きたい」のロケも5回目をなんとか終えることをでき、ほっと胸をなで下ろしております。
今回の旅先は羽田美智子さんが行く長崎県。
江戸時代から海外交流の玄関口として栄えてきた街ということもあって、こちらの方達はとにかくフレンドリー!
旅人の羽田さんが話しかければ、眼鏡橋では「眼鏡橋はこんな歴史があるんだよ!」っと熱心に教えてくれたタクシー運転手さん。(眼鏡橋の由来ですが、放送をご覧の方はお分かりだと思いますが、橋げたの半円が天気が良いと川に映って○になるんです!)「生まれ変わっても漁師をやりたい」とにこにこと答える漁師さんなど皆さん外から来た方に暖かい人ばかり!
外部の人を心から迎えるこうした度量の広さが、異国情緒の街・長崎を作りあげてきたのだなぁっと感心しました。

さて、今回の旅は皆様見て頂いたように「精霊流しを一度見てみたい!」と羽田さんが出かけた旅。亡き人を送る一つ一つの精霊船には故人への想いと、故人の歩んできた人生の歴史が詰まっていて、ロケ中に胸が熱くなることが何度もありました。
「こんな船に乗せられて皆に送られる故人は幸せだなぁ」と、異国情緒の街・長崎に僕自身もすっかり魅了された旅になりました!

ここで精霊流しの船で僕の一番印象に残った船をご紹介したいと思います!
番組でも何秒か出ていましたが、十字架の船が出ていましたよね?実はあの船、キリスト教の教会で出された船なんです!
日本のお盆に行われる祭りで、キリスト教のものが出される。異なる文化の混合した長崎の象徴的な風景ですので、ぜひとも皆さん今一度ご覧ください!


▲長崎では禁教時代でも
キリスト教が受け継がれてきた街なんです


 



 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.