画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


編集者から:初めての演出で、改めて「旅先の人々との出会い」の楽しさを感じた伊藤メグミ。そんな出会いの一つ、100年以上伝統の製造方法で「焼き麩」を作る宮田さん一家とのお話しで教えて頂いた「焼き麩」料理の数々。
知っている積りで初めて知った「焼き麩」料理。こんなにも色々な料理法があるのかと感心したので、皆さんの参考にという伊藤の報告です。



         
 

皆さま 千葉の放送はご覧いただけましたか?
「今や東京よりも千葉に江戸情緒が残っているのかもしれない」と、
渡辺徹さんも旅を振り返って言っていましたが、
たくさんの発見ができた千葉の旅になりました。

さて今回のアラカルトは、そんな発見の一つで改めて知った
「麩」料理について詳しくご紹介したいと思います!

江戸時代に小麦を製粉する技術が普及し、
庶民にまで広まった「麩」。
今回は、佐原で100年以上伝統の麩作りを続ける
宮田さんのご家族に、麩づくしの料理を食べさせて頂きました。
地元では冷蔵庫のない時代に、夏の保存食として大変重宝され、
農作業の合間に「麩の酢の物」をよく食べたそうです。
また、カツ丼のカツの代わりに麩を使った「卵とじ」も
よく食卓にのぼる家庭の味だそうです。
放送でご紹介した「麩のすき焼き」「麩の唐揚げ」とともに、
ぜひご家庭でお試ししてみてくださいね。

01
▲麩は酢の物ともよく合うんですよ!

01
▲汁を存分に吸った麩を卵でふっくらととじて、
ご飯に合う美味しさです

01
▲宮田さん家族の愛情たっぷり麩づくし、
ごちそうさまでした!

01
▲次の休みは、千葉で江戸の味めぐりはいかがですか。



 

 



 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.