画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


編集者から:「見どころ」でもふれましたが、“旅番組の旅“を初めて体験したスタッフ・本庄、今まで個人的にしていた旅との違いをそれなりに感じたようです。若いスタッフが番組に参加して異口同音に話すロケ後の印象は「仕事に賭ける人たちの何気ない言葉の深さ」です。そんな出会いの中からのスタッフ・本庄の旅日記です。



         
 

今回初めて「遠くへ行きたい」に参加した本庄です。
香川県は修学旅行で行ったことがありました。
こんぴらさんの階段がきつかった…。
うどんが美味しかった!そんな思い出があります。
やっぱり、香川県といったら「うどん」ですよね。
今回はそのイメージ通り、うどん、うどん、うどんの旅になりました!
私が今回の旅で特に印象に残ったのは、
元祖わかめうどん大島家の大島さんのうどん作りにかける思いです。
大島さんは「最近は野菜などが季節に関係なく
いつの時期でも穫れるようになってきた。
自分の作る旬の食材を練り込んだうどんを通じて、
子どもたちには、こういう時期にはこういう食材が穫れるんだ
と季節感をわかってほしい」とおっしゃっていました。 
『ゆとり世代』の私、恥ずかしながら野菜の旬は何となくしかわかりません。
こういう思いでうどん作りをしている人がいるのだと、
大島さんの言葉がとても心に響きました。
ただうどんが美味しいだけではない、
香川県。うどんにかける思いが溢れる香川県。
そんな香川県にまた行ってみたいと思う旅でした。


01
▲今が旬の菜の花!
01
▲今回の旅を締めくくるのにぴったりの
山中崇さんの絵です!



 

 



 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.