画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  オトク情報 スタッフからの情報
みどころはこちら
お得情報はこちら
     
 
このアラカルトでは、スタッフによる<番組からこぼれた話>の色々をお知らせしています。

≪あなたの穴場の季節教えてください≫

旅にはどこでも旬の時期があるのですが、その時には訪れる人も多くて、足、宿、食どれも思い通りいかないことが多いですよね。では、旬を外しても楽しめる時期はどんなケースか・・・先回のアラカルトでもご紹介しましたが、「遠くへ行きたい」の旅先ベスト10でトップ3が北海道、長野、京都。北海道、長野が何故多いのか。過去の新聞の記事などでも紹介されていますが、こちらはいずれも季節がどれをとっても、何らかの見所、楽しみがあるということなんです。春・夏・秋・冬、旅人が老・若・男・女〜これだけの組み合わせがあるのです。そのいずれかに当てはめて、ご自分の旅のプランをお作りになっては如何でしょうか…というのが私の「なぁんだ、そんなことか!」の提案ではありますが・・・
皆さんは≪ここだったら、この季節が穴場だよ≫というのをお持ちだと思いますが、よろしかったら教えて頂けませんか。このページで≪これぞ穴場、大本命≫自慢話大会を展開できればと思いますが、如何でしょうか?ご意見お待ちしています。

メール

ご意見はこちらから


編集者から:土井善晴さんと初めて旅をしたスタッフ・小松「土井さんの、何か面白そうなものはないかという飽くことのない好奇心、地元に伝えられてきた郷土の味への関心と観察ぶりを目の当たりに出来た2泊3日の旅は貴重な体験になりました」という旅日記です。




         
 

うまいもんを探しに福岡県小倉、糸島を訪れた土井さん。
今回は7月の終わりから8月のはじめにかけての旅でした。
ロケ移動の車中「もう8月だね」と土井さん。
「時が経つのは早いですね」とお答えしたところ
「若い君たちが早く感じるなら、年をとるともっと早く時間が過ぎていくよ。
だから一日一日、いま話しているこの時間も大事にしないとね」とおっしゃいっていました。
時間に流されているだけでなく、
見るもの、聞くものひとつひとつの出来事に気持ちを向けていく・・・
土井さんの持つ世界の広さは、
そんな日々の生活を大事にするところからきているのだなと感じました。
忙しく過ぎてしまう毎日に流されるのでなく、ちょっとだけ立ち止まる、
そんなことをこの旅で貰ったような気がしました。
みなさんも過ぎ去る時間のなか、ふと立ち止まってみませんか。

 


01
▲「初めてなのに、懐かしい」と言う言葉が思い浮かぶ
時の流れが止まったような感じがする「旦過市場」




 



 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.