番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅

おすすめの宿

これまでの旅の中から、料理人の森野熊八さんとの旅で出会った「宿」と「味」をご紹介します。


静岡市井川町<大西屋>旅館
TEL:054-260-2009

東海道線金谷駅から大井川鉄道のSLに乗って1時間20分で千頭駅、ここからミニ列車に乗り換えて終点井川駅。
町の人が食べる分だけしか作らない<お豆腐屋さん>、何でも扱う<魚屋さん>、お茶畑という井川の町で、創業80年のこの宿、地元で取れる山の幸・手作りの和菓子・そして美味しい世界各国のワインが密かなおもてなし。上品なやさしいお母さんが料理を作り、ソムリエの資格を持つお嬢さんが各国から集めたワインをその日の料理にあわせて勧
めてくれるという・・・何ともほどが良いほのぼのとした気分になれるお宿です。

長野県安曇村乗鞍高原<ペンション・チムニー>
TEL:0263-93-2902

松本駅〜松本電鉄新島々駅〜バスで乗鞍高原スキー場前下車真ん前です。
車ですと中央道松本インターから1時間足らず。
P・チムニーの主人が福島立實さん、単なる宿の主人じゃぁない。
知る人ぞ知る山男、ある時は北アルプス山岳救助隊、ある時はスキー指導員、歩く植物図鑑、薬草博士、動物図鑑、渓流釣り名人・・・
春の山菜、秋のきのこまで自分でお客さんの数に合わせて、山と話し合いながら集めてのおもてなしが並びます。そして、忘れられないのが「蕎麦」、乗鞍高原原種の蕎麦を育て、水車で挽き、自分で打ち蕎麦粉100%のおそばを食べさせてくれます。(予約の際におそばの予約も)料理もですが、立實さんの何よりのご馳走は「山の話」。
彼の山の話を聞いて、山を一緒に歩いて、山に取り憑かれてしまった人もたくさんいるとか。山の夜の酒の友は炭の燃える炉端で「立實さんの山の話」。
紅葉が済んで、これからはスキー。乗鞍高原は標高1500メートルということでさらさらのパウダースノー、北海道に負けない雪質とか。
スキーの後はのんびり温泉にという人には、立實さんのお兄さんの「温泉ホテル・深山」(0263-930-2447)がお薦めです。
24時間源泉から引いている温泉が檜の湯槽にこんこんと湧いていて、父さん温泉僕スキーにはお誂え向きです。



ここに紹介した2つの宿はいずれも山の宿ですから、新緑、避暑、紅葉・・・季節に応じて夫々の楽しみ方でどうぞ。
ところで、森野熊八さんは何をしたかって?勿論夫々のおもてなしを頂いて、お礼に土地の材料で出来る料理のメニューを教えて上げましたから、熊八流料理を食べられるかもしれません・・・?

Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.