画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から:プロ野球のキャンプインも間近、元巨人軍エースとしては日本一の思い出も蘇ります。という訳でもないのですが、「和歌山県には何やら、日本一と県民が自慢するものがあるらしいじゃないですか」気候も温暖で暖かそうだし…訪ねました。なるほど自慢するだけの事はあるというものに出会いました。そして、「宮本印・日本一」を訪ねて、あれやこれやの判定をしながら一緒に旅した宮本さんと撮影チームの楽しさと共に、出会った人々との自慢や笑顔にすっかり癒されたスタッフ・伊藤の報告です。

 
         
 

「遠くへ行きたい」おなじみの元プロ野球選手・宮本和知さんが和歌山県へ向かいます。
今回の旅のテーマは「日本一」!!
宮本さんと言えば、読売ジャイアンツ在籍13年間で、2回も日本一に輝いています。
行き先の和歌山県には日本一という自慢がいっぱいあるそうなんですが・・あまり思い当たらないですよね。どんな日本一が待っているのか、楽しい旅の始まりです!

 

画像
和歌山県で宮本和知印の
日本一探しスタートです!

 
         
 

日本一探し、まずは漁港へ

大阪から1時間半、紀勢本線の列車にゆられJR箕島駅に到着。
箕島の漁港で獲れる「ある魚」が日本一だそうなんです!
箕島漁港に到着。
海にはたくさんの黄色い漁船、港には数え切れないほどのリヤカーがズラ〜っと並んでいます。「こんな光景見たことな〜い」っと宮本さん。
よく見るとこの重そうなリヤカーを引いてるのはみんな女性、ここは女性が活躍する漁港なんですね。さて一体どうしてなんでしょう。そしてここで獲れる日本一の魚とは!?

 

画像
山口県下関の漁師の家に生まれた宮本さん、
久しぶりの漁港に嬉しかったのか
目がキラキラしていました。

 
         
 

漁師チームに入って早朝野球

有田市が水揚げ量日本一という或る魚のセリが終わった後(このセリの様子もちょっと珍しいものです)漁師チームと市役所チームの早朝野球に参加。
箕島と言えば高校野球ファンにはなじみの箕島高校野球部、元球児もいたりして熱戦でした。

  画像
漁師さんたちと野球を楽しみました。
スパイク代わりのゴム長靴を履いてマウンドへ。
 
         
 

蔵にねむるミカンの謎

意外と知られていないのですが和歌山県はミカンの生産量日本一。
中でも特別なミカンがあるというので、見に行くことに。
ミカンを求め、車で細い山道を1時間。急斜面にミカン畑を発見!
収穫のお手伝いをさせてもらいました。
へえ、ミカンってこうやって収穫するんだ・・でもここまでは普通ミカン。
ここからが特別なんだそうなんです!一体な〜に!?

  画像
ヒミツの鍵はこの薄暗いミカン蔵。
 
         
 

なんと!江戸時代から続く醤油屋

さらに南下して御坊市へ向かいます。
ちなみに移動の際に乗った小さな可愛い紀州鉄道もある(・・)ことで日本一なんだとか。鉄道ファンの間では、紀州鉄道参りが念願だとか…詳しくは番組で。

さてさて、訪ねたのは江戸時代から300年以上続くお醤油屋さん。
「よく、お越しくださいました」迎えてくれたのは堀河屋18代目を継いだ35歳の圭佑さんです。若いのに立派ですね〜。
醤油発祥の地はここ紀州ということで、昔ながらの完全手作りの醤油作りを手伝わせてもらいました!写真にあるのは「醪(もろみ)」1年半〜2年たったもので、この後まだまだ手作り作業が続きます。美味しそうな醤油の出来上がり放送でご覧下さい。

 

画像
樽も釜も100年以上前のモノ!
スケールが違いました。感動。

 
         
 

日本一探し!
最後は珍しい植物「棕櫚(しゅろ)」の皮


珍しい植物「棕櫚」の皮・・なんだか、かなりマニアックになってきた日本一探しの旅。
「ここまで来たら行くしかな〜い!」と宮本さん、またも山の中へ。
棕櫚の皮むき歴30年の名人・西脇さんと一緒に剥がしたこの皮が、
みんな知っているアレに大変身します!!一体これで何ができる!?

 

画像
この皮がみんなの知っているアレに!!必見ですよ。

 
         
 

日本を旅してみるとどこもかしこも奥が深〜い、と感じますが和歌山県も正に奥深く色んな日本一がありました。和歌山県の旅、ぜひご覧ください。

 


 
         
         

編集者から:スタッフの感想にもありますように、旅はする度に見たり、触れたり、聞いたりと、色々な事を知ることが出来ます。
今回の「宮本印・日本一」を探す旅、意外な物に出会いました。この見どころでは全てをお話ししては番組を見る楽しみが少なくなりますから、「番組で…」だらけでありました。どうぞ、番組をお楽しみください。

次回、2293回は柴田理恵さんの北海道・道東の釧路から阿寒。冬の大自然の中で野生動物やアイヌ伝統音楽や料理を満喫しました。中でも楽しみにしていたのが「タンチョウ」との出会い。寒い早朝に早起きした甲斐は…果たして〜
皆様も早起きをして、どうぞお楽しみに!

 

 

 






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.