画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

今回、旅をするのはドランクドラゴンの塚地武雅さんです。
北海道は十勝・鹿追町から上士幌町までをめぐります。
2回目の旅となる塚地さんの目的は、ズバリ「男」を磨くこと!
厳しい寒さに負けず、北の大地で自然と共に生きる方々から学び、そして触れあいます。

 

画像
塚地武雅さんの北海道の旅です!

 
         
 

憧れ!大雪原を白馬で駆ける
(ワイルド・ウェスト・ライダーズ・クラブ)


塚地さんの憧れのひとつ、それは白馬の王子様になること。そんな夢を叶えるべくやって来たのは、鹿追町にある乗馬クラブ・WWRC(ワイルド・ウェスト・ライダーズ・クラブ)です。WWRCの場所を1人で開拓したという、片山彰さんのレクチャーを受け、乗馬に挑戦します!
白銀の世界に降り立つ白馬の王子様になれるのか!?塚地さん、初の乗馬体験です!

 

画像
片山さん(写真左)と塚地さん。
画像
待ちに待った瞬間が近づきます!

 
         
 

エゾシカ猟とヘルシー!ジビエ料理

北海道では、年々エゾシカによる食害や森林被害が拡大しているといいます。
そのため、各地でエゾシカの防除対策や捕獲対策に取り組んでいるそうです。今回、塚地さんは、中札内村の猟友会帯広支部中札内部会の皆さんと共に、山スキーを履いてエゾシカの見回りに参加します。果たしてエゾシカはいるのでしょうか…
そして見回りの後は、猟師小屋で極上ジビエ料理の数々をご馳走になります!
ヘルシーで低カロリー、さらに美味しいとくれば、これはもう塚地さんのお箸も止まりません。

  画像
猟友会の皆さんと塚地さん。
画像
テーブルの上には、様々なジビエ料理が並んでいます!
 
         
 

幻想的!鹿角シャンデリア
(GR COMPANY)


次に訪ねるのは、猟友会の皆さんに教えてもらった「GR COMPANY」です。なんとここでは、鹿角を使ったアイテムやオブジェなどの他に、鹿角のシャンデリアもつくっています。いったいどんなシャンデリアなのか。森井英敏さんに見せていただき、お話を伺います。
さらに、鹿角をシャンデリアにするための下処理作業にも挑戦!塚地さん渾身の奮闘を、番組でご確認ください!

  画像
森井さん(写真左)と塚地さん。
この鹿角シャンデリア、
光が灯ると一層幻想的になります!
 
         
 

湖上に浮かぶ幻の村!(しかりべつ湖コタン)

北海道の湖の中で、最も標高の高い場所にあるという然別湖。そのため気温も低く、この時期は一面凍って真っ白な氷と雪の世界です。そして、そんな厳冬期にのみ現れる村が、「しかりべつ湖コタン」!村の建造物すべてが氷と雪だけで作られ、春の雪解けとともに湖に沈んでいくことから幻の村と呼ばれています。然別湖ネイチャーセンターの齋藤慎吾さんに案内していただき、この村をつくり始めたきっかけを伺いますが…これこそ男のロマンです。

 

画像
齋藤さん(写真右)と塚地さん。
画像
塚地さんも村づくりを手伝います。

 
         
 

洞窟風呂とトロットロの温泉豆腐!
(山の旅籠 山湖荘)


冷えた体を温めるために訪れたのは、上士幌町・ぬかびら源泉郷にあるお宿、「山の旅籠 山湖荘」です。早速、源泉かけ流しの癒しの空間・洞窟風呂に浸かります。じっくりと身も心も温まった後は、さらに温まる温泉豆腐をいただきます!びっくりしますよ、と言う山湖荘の蟹谷吉弘さんの言葉通り、豆腐のアレがありません。アレとは何か!?その答えは塚地さんの驚きの中にあります!

 

画像
蟹谷さん(写真左)と塚地さん。
温泉豆腐のお味やいかに!

 
         
         

編集者から:男磨きの旅で辿りついた塚地さんの結論とは…是非、ご覧下さい!

次回、2297回は田中要次さんが岡山県岡山〜宇野〜総社を美味いもの探し・・・
岡山の人にはなくてはならないという春の魚「鰆・さわら」アラカルト、
今が旬の「黄ニラ」、知る人ぞ知る虫明のカキに消防署カレー(!?)・・・
春の先取り後楽園の芝焼も加わって、岡山県人の味、てんこ盛りの旅です。どうぞお楽しみに。






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.