画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から:冬の道東、網走。渡辺徹さん、未だ見たことのないのがオホーツク海の“流氷”、「今度こそ!」と期待に胸ふくらませての旅立ち。
釧路からのJR釧網本線で知床半島を過ぎるあたりから車窓の向こうにオホーツク海。さて、今度こそ見られるか・・・3月になると風の具合で流氷が付いたり離れたり、毎日のように様子が変わると聞いているのですが、渡辺さんの目線の先には果たして、白い氷の風景は?というスタッフ木村からの報告です。思わせぶりで申し訳ないのですが、今回の渡辺さん、流氷は兎も角、網走の人々に教えて頂いたグルメの数々ですっかり満腹の旅でもありました。

 
         
 

憧れの流氷に出会えるか!?

毎年冬の時期、オホーツク沿岸にはシベリアから流氷がやって来ます。かねてより流氷を見たかったという渡辺徹さんが今回の旅人。しかし、今年の冬は暖かく、流氷はもう見られないかもしれない…「流氷の写真撮ってきて」と奥さんに頼まれている渡辺さん、写真を届けることができるのか!?流氷を目指し、オホーツク沿岸の網走から旅のスタートです!

 

画像
流氷が見られればこんな感じ。
港が氷で埋め尽くされます!
画像
網走の名所といえばココ!

 
         
 

商店街の魚屋で見つけた網走名物

オホーツク海に面する網走は海産物の豊富な街でもあります。商店街を歩いていると、なにやらとてもいい匂い、店先で網焼きをする魚屋を発見。ある魚の蒲焼きだそうです。…あまり聞き慣れない名前の魚なんですが、脂がのって今が旬のこの魚、網走で新名物となりつつあるのだそうです。どんな魚なのでしょうか。
そして、店内にはお酒好きのご夫婦が考案したというオリジナル商品も。

 

画像
笑顔がステキな金川さんご夫婦
画像
酒の肴にピッタリのこちら。なんだと思います?

 
         
 

海の恵みの揚げたて!

「天ぷら・揚げたて」という幟を立てたお店の前を通りかかった渡辺さん、「揚げたて」に魅かれて中へ入ってみると、店内には魚のすり身がズラリ。そうなんです、「天ぷら」とはご当地ではさつま揚げのこと。網走ではスケソウダラがたくさん獲れ、ホタテなどをスケソウと合わせてすり身にしたさつま揚げが昔からのおかずやおやつなんだそうです。
ショーケースには各種のすり身が並び、パン屋さんよろしく、トレイに載せてお願いするとその場で揚げてくれるという嬉しいシステムに、渡辺さんついつい取りすぎたりなんかして…

  画像
食べることが大好きな渡辺さん、
すかさずグルメセンサーが反応!
画像
たくさんあって迷っちゃいますね
 
         
 

親子でつなぐ伝統漁

真冬はマイナス20度にもなる網走。郊外の能取湖(のとろこ)は冬の時期、湖が全面結氷します。本州などで、結氷した湖面に穴を空け、淡水魚のワカサギ釣りをするアウトドアが人気ですが、なんとここ能取湖では、海に居るはずのカレイがたくさん獲れるのだそうです!湖に海の魚…?その秘密は、能取湖の地形と関係がありました!
漁師の杉山さん一家に漁を見させてもらいました。スノーモービルに乗って漁場まで行くと、そこにはたくさんの穴が続いています…
氷下漁というのだそうです。
杉山さんと2人の息子さんの3人でやっているというこの漁。どんな風に行われるのか、要注目です!

  画像
スノーモービルで漁場へ。
湖の上なんて信じられますか??
画像
親子で息を合わせて行う網走の伝統漁
 
         
 

日本一オッカナイ!?郷土料理

みなさま「T―1グランプリ」という大会をご存知でしょうか。T―1の「T」は「漬物」のことで、漬物の日本一を競う大会なのです。2011年から始まったこの大会、初代グランプリに輝いたのは網走の「山わさび粕漬け」。この漬物を作っている道山さんを訪ねます。
山わさびとは西洋わさびの一種で、開拓時代に栽培が始まった北海道の名物。これをすり下ろし、酒粕と野菜の漬物を混ぜ合わせて作るという「山わさび粕漬け」の製造を見学させてもらいます。しかし、その作り方が独特で渡辺さんも驚くばかり!

 

画像
グランプリを獲得した「山わさび粕漬け」
画像
材料の西洋わさびの加工が始まると、
工場の端に逃げる渡辺さん…いったい何が!?

 
         
 

牧場の春の楽しみ

網走を後にし、網走の北西に位置する酪農の町・佐呂間町へ。春、牛の出産シーズンの佐呂間町はとても賑やか!私たちがお邪魔した千葉牧場でも仔牛が産まれました。仔牛にミルクを与えたりと大忙しの牧場ですが、この時期、千葉さんたちが楽しみにしている食べ物があるといいます。出てきたのは、仔牛を産んだ母牛からすぐに搾った牛乳(初乳というんだそうです)。そして、これが意外な食べ物に変わるんだそうです!この時期だけの楽しみ、渡辺さんも頂きました!ご高齢の千葉さんご夫妻の仕事ぶりを拝見し、日常の忙しさを想像すると、感心するばかり。そんな中で「朝・昼・晩、何十年もやって来たからね、今さら苦労ということもないねぇ〜」と話してくれたお二人の明るい笑顔が印象に残りました。

 

画像
佐呂間町は人間の数より牛の数の方が多い
画像
産まれたばかりでも、いい飲みっぷり!
画像
この初乳、さて何に変身するのかな?

 
         
         

編集者から:“流氷”目当ての旅でしたが、終わってみれば 網走の町中や郊外で出会った地元の人たち好みの味、そして家族の絆で結ばれた仕事に触れることが出来ました。
冬が旬という魚の、美味しそうなかば焼き、揚げたて天ぷら、山ワサビの粕漬などの網走の普段着の味、能取湖の漁師一家、乳牛を育てるご夫婦の仕事…
網走に行ったらこんな日常の風景を旅してみたい、と感じて頂ければ…
グルメに一味加わった渡辺徹さんの旅、番組をご覧の上、皆さんの旅の中で試してみませんか。

次回は的場浩司さんが、お菓子処「金沢」で的場流スイーツ探しの旅です!愛情たっぷりのスイーツから、地元の人に評判の幻の和菓子まで探し当てます!そして、スイーツ探しの道中で出会う百万石の伝統「加賀友禅」の進化。美しい「九谷焼」の達人が魅せるお菓子が美味しくなる方法は必見です!
プロ級の高校生パティシエが謎の野菜で作るスイーツ!実は‥。
スイーツから広がる、素敵な出会いと発見の旅へ、皆さんも是非お越し下さい!






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.