画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から:「俺流」に拘りたいという的場さんと一緒に旅したのは新人ディレクターの蜂谷。金沢と言えば友禅、焼き物、和菓子に近江市場と言うのが相場ですが、さてその中から「俺流」に叶うネタを見つけられるか…下調べからロケまで一緒に旅したスタッフ・伊藤の報告です。皆さんもご一緒にお楽しみ下さい。

 
         
 

今回の旅人は俳優・的場浩司さん。
スイーツ好きとして知られる的場さんが、旅先に選んだのは石川県金沢です。
金沢はお菓子の消費量がなんと日本一!(※総務省統計局 平成25年〜27年調べ)なんでも加賀藩が力を入れた茶道の影響で和菓子文化も栄えたんですって。
まだ見ぬお菓子を探して、甘党・的場浩司さんの旅が始まりです!

 

画像
まずは日本三大庭園のひとつ<兼六園>を散策。
ちょうど庭師の方々が春の一大イベント
「雪吊り外し」という作業をやっていました。
詳しくは番組で。

 
         
 

和菓子屋・穴場探し その一

いよいよ和菓子屋へ向かいます。
金沢を歩いているとあちらこちらに目にする和菓子屋ですが、
的場さんが選んだのは、駅裏の道にポツンと佇む和菓子屋さんでした。
名物は注文してから焼いてくれるという「あやめ団子」だって、一体どんなお団子なんだろう。
菓子の街・金沢そのレベルの高さに、1軒目からノックアウトされてしまいました。

 

画像
もっちもちの柔らかい団子、
秘密はお餅のつき方にありました!

 
         
 

和菓子屋・穴場探し その二

2軒目は、地元の人にオススメの和菓子屋を聞いてみることに。
「吉はし」というお店が、茶会の席やお稽古の茶菓子として重宝されているという情報ゲットしました。でも店舗では売っていないんですって。
一体どういうこと?!スイーツ大好きな的場さんは「吉はし」を直撃してみることにしました。特別に仕事場で上生菓子作るところを見させていただけることに…「いやぁ、うれしいなぁ」と期待がふくらみます。

  画像
それぞれに名前のつけられた生菓子。
食べるのがもったいない!?

 
         
 

加賀友禅の進化形って一体!?

お菓子探し、ちょっと休憩。
金沢郊外のバイク屋さんで見つけたのは、ど派手な紋様のライダースジャケットを着た男性でした。
実はこのジャケットのど派手な絵は、加賀友禅の技法で彩色した物で、太田さんがご自身で作ったんだとか。
自宅の工房には他にも色々あると聞いて、ついて行ってみることに。

  画像
このジャケットすごくないですか!?
画像
工房ではじっくり友禅の技法を見学。
細かい作業を何度も繰り返し3ヶ月かけて
1枚の反物が出来上がるそうです。 
 
         
 

九谷焼の重鎮・長谷川塑人さんのお宅へ

加賀友禅作家の太田さんが師事していたのが、九谷焼・陶芸家の長谷川さんです。同じ加賀の伝統工芸ですが、着物と陶芸じゃ畑違いじゃないかって?
いえいえ、そこには特別な共通点がありました。
とってもユニークな長谷川さんの工房で、的場さんも絵付けに挑戦です。
出来はどうかな!?
さらに、「おもてなし」で有名な金沢。
奥様がお茶とお菓子を出してくださいました。
ここでの話題は、お菓子と器との関係についてです。
お菓子が美味しそうに見えるか否か、盛りつけによってこんなにも異なるという長谷川さん流の「おもてなし」の極意とは?
「新幹線で2時間半になったんやから、またいつでも遊びにおいで」と言っていただきました。

 

画像
絵付けに挑戦!
釉薬が乾く前に描かなければ…
とにかくスピード勝負です!
画像
長谷川さんご夫妻のおもてなしに、
心もぬくぬく〜!?

 
         
 

プロ顔負け!?高校生のパティシエたち

まだ見ぬスイーツを探し、最後は金沢市のお隣・白山市を訪ねました。
ここに高校生の菓子職人がいるそうなんです…
130年の歴史がある農業高校「石川県立 翠星高等学校」で、
ヤーコンという南米アンデス原産の野菜を使って、スイーツ作りをしています。
「食品化学研究会」という部活動で製造販売しているというので行ってみると、
そこで新たな加賀の名物を作ろうとお菓子作りに打ち込む高校生たちと出会いました。

 

画像
おっ!手際がいいねぇ。
画像
このヤーコンから一体どんなスイーツが??

 
         
 

旅の終わりに

金沢のお菓子、そして加賀の伝統は形を変え進化しながら続いて行くんですね。金沢の「今」を垣間見た今回の旅、ぜひご覧になってください。そしてぜひ金沢へお出かけください!!

 

画像
和菓子に友禅に陶芸、これらに関わる職人
そして未来に向けて頑張る若者たち
たくさんの方々に出会えて、
お腹いっぱい、胸いっぱいだよ〜。

 
         
         

編集者から:新人ディレクター・蜂谷の奮闘もあって、定番の金沢の旅とは一味違う「的場浩司流・金沢」になったと思います。
出会った職人さんのお話も聞きどころです。
どうぞ放送でお楽しみ下さい。

次回、2304回は大和田伸也さんが北海道の港町、函館・江差をめぐります。
新鮮な海の幸!函館朝市、100年以上函館の町に鳴り響く鐘の音色、話題の健康食!がごめ昆布のスペシャル海鮮丼や函館を彩る西洋鍛冶の技、北前船の歴史薫る廻船問屋のにしんそば!などなど見所たっぷりです。どうぞお楽しみに…






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.