画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から:先週の石黒さんに続いて、初登場の俳優の山中崇さん、この欄で何度か書いていますが、俳優さんの仕事って、ロケで日本中に行っているのですがほとんどはロケ地と宿の往復、一寸時間があっても歩くのは宿や駅の周辺、ということで皆さんちょっと気になっている土地があるもんなのです。そんな中から、旅人の興味を惹きそうな話題があるところを旅先に設定します。
今回は自然が好きという山中さんに海、山の自然を満喫できる青森へと、ディレクターの田中徹が連れ出しました。さて、山中さんはどんな旅を楽しんだでしょうか・・・「僕も、こんなに山や海の大自然を満喫しちゃいました!」というスタッフ・島越からの報告です。自然が相手ですから土地の素晴らしさは番組でお楽しみ下さい。

 
         
 

あこがれの青森へ!

今回の旅人は俳優の山中崇さん、テレビや映画、CMなどで活躍している実力派俳優です。
青森は仕事で何回か行っていたのですが、ゆっくり歩くことがなかったので、一度じっくりと見たり、聞いたり旅の醍醐味を味わってみたいと思っていたそうです!

まずはぶらぶら歩き…!と町を歩くと、乾物屋さんを見つけました。
乾物屋のお母さんと話していると、自転車に乗ったおばあさんが。
お話しを聞いてみると、何とこの方御歳○○歳!
北国のおばあのパワーに、山中さんも圧倒されてしまいます。

 

画像
青森に到着!降り立ったJR青森駅。

画像
○○歳のおばあちゃん!硬い乾物も難なく食べて、
「美味しいよ〜」と又、自転車で去って行きました。

 
         
 

海の幸!のっけ丼!

乾物屋のお母さんに、青森の海の幸を思う存分味わうならここ!と教えてもらったのは青森県魚菜センター。
ここでは、ご飯をもらった後は食券を買って、店をまわって自分の好きな具材を乗っけるというスタイル!
「夢みたいな場所ですね」と目を輝かせる山中さん。
全部で食事券25枚も使ってしまいました!
題して「のっけ丼」! 存分に楽しみます!
そして、まさに今が旬、というカニが陸奥湾で獲れるという情報をゲット…。

 

画像
題して「のっけ丼」。宝石箱やぁ〜

 
         
 

毛ガニよりうまいカニ!?

毛ガニより美味しいと言われるカニを求めて…。
午前5時、漁師の野沢さんの船に乗り込みます。
今が旬のカニ。見た目は毛ガニのようですが、地元の人の間では毛ガニより美味しいと言われており、初夏の到来を告げるカニです。
前日、仕掛けておいた刺し網をあげてみると大漁!
早速、野澤さんの船小屋でカニを頂きます!
毛ガニより美味しいという旬のカニ、その味は如何に!?

  画像
漁船にゆられること30分
画像
獲ってすぐ塩ゆでするのが最高の食べ方です
 
         
 

世界遺産!白神山地で山菜とり!

海の幸の次は山の幸!
世界自然遺産・白神山地に向かいます。
今でもマタギとして活動している工藤さんに案内してもらって山菜とりに出かけると、山の幸がいっぱい!
昔から語り継がれる山で暮らす知恵を沢山聞いて、白神山地の恵みに山中さんの目も輝きっぱなしです!
とった山菜はその場ですぐに頂くことに!
自然を満喫しきった山中さん、でもちょっと歩き過ぎたかな…。

  画像
ブナの原生林の中を荒らさないようにゆっくり…
画像
山の神様、ありがとうございます!
 
         
 

不思議空間!ランプの宿!

白神山地を思う存分満喫した後は、山中さんがずっと行きたかったという宿へ。
このランプの宿・青荷温泉、灯りはすべてランプでまかなっており、古くはマタギの隠れ湯だった、秘湯中の秘湯です。
津軽三味線の調べを聞きながら山の幸を満喫した後は、念願の温泉へ!
ランプの淡い光に照らされながら、山菜とりの疲れを癒します。
贅沢な時間を過ごした山中さん、心も体もすっかりリフレッシュです。

 

画像
まるで映画の1シーンのようです。
画像
露天風呂にももちろんランプ!

 
         
 

ご当地グルメの店主・謎の職人技!?

次に向かったのは、夏は「ねぷた」で町中が熱くなる黒石市。
何やらここに、話題のご当地グルメがあるそうで…
見つけました!「元祖つゆやきそば」の看板。
ラーメンのスープにソース焼きそばを入れたという
つゆやきそば、その味は!?
そして、店の中にはずら〜りと津軽凧!?
謎は深まるばかりです。
そして、何故、店中に津軽凧があるのか!?
話は「ねぷた」へと拡がります。
この謎を知る為にも、是非放送をご覧ください!

 

画像
さて、どんな味かなぁ〜??
画像
店主作の凧絵!

 
         

編集者から:如何でしたか、謎も色々ありましたがそれは番組で見て頂くとして、「青森」は青い森というように夏の美しさが特に際立つそうです。「迎える冬の向かって一挙にそのエネルギーを爆発させるんだ」という夏のお祭りで青森、弘前、黒石一層賑わいを増します。夏の東北へ出かけてみませんか。

次回、2311回は2月の五島列島に続いて、土井善晴さんが島根県出雲地方を旅します。宍道湖のシジミ、歴史ある和菓子の極意、民藝の職人の技、是非とも見てみたかった陶芸工房・出西(しゅっさい)窯・・・出会いの場で思わず語った土井さんの言葉が沁みる旅になりました。勿論、料理への一言も聞き逃せませんよ〜どうぞお楽しみに〜






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.