画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から:今回の旅人、渡辺徹さんの旅を見ていていつも感心するのは、ひたすら食べて「美味い!」を連発するのでなく、その材料を集める人、料理を作る人たちの日常の中から見えてくる暮らしぶりなどを、その人懐っこさで話を聞き出す話術です。なぜか、出会う皆さんが笑顔になるのです。スタッフ・島越もその笑顔に癒され、そして初めての天草の人々の明るさにもすっかり馴染んだようです。熊本地震から間もなく3ヶ月、「日本国中から皆さんが熊本に来てくれることが元気の源ですよ」という天草の人々の笑顔と共に渡辺さんの旅ご覧ください。

 
         
 

渡辺さんと言えば「遠くへ行きたい」でもおなじみ、旅先での食べ歩き。やって来たのは熊本県天草諸島!
今回は題して天草・「うまかもん探しの旅」さぁ、出発です!
旅の始まり、タコが名物という有明町で出迎えてくれたのは…

 

画像
巨大なタコのモニュメント。
ここに入ると幸せがもたらされるとか

 
         
 

七変化!干しダコ

巨大なモニュメントが自慢の有明町、実は、タコの一大産地なんです。
「さぁて、どんな美味しいタコがあるんだろう…」
歩いていくと、道に干されている幾つものタコ!これが不思議な形、写真でご覧のように「まるで、ETみたい…」お天気を見ながら天日で3,4日干すと名物の「干しダコ」の出来上がり。これが何通りもの惣菜になるそうで、
<うまかもんハンター>渡辺徹としては、これはもう頂くしかありません。
天草に伝わる家庭料理に、大興奮です!
どんな料理か、文字通りタコの七変化!放送をお楽しみに!

 

画像
タコを干す風景が夏の風物詩!

 
         
 

大迫力!ドルフィンクルーズ!

次に渡辺さんが向かったのは、天草の目玉とも言うべき観光スポット!
実はイサキやアジなどの魚種が豊富な天草では、野生のイルカが生息しているんです!
漁師さんが仲間でやっているドルフィンクルーズの船に乗って行くと、そこにはイルカの大群が。夏は繁殖期だそうで、赤ちゃんイルカの姿もあり、渡辺さんも大興奮です!
そして、ここでも「うまかもん」探し。
イルカウォッチングも一休み、漁師さんのお弁当を見せてもらうことに。
天草の海で獲れたものを使ったお弁当ということですが、どんなお弁当なんでしょうか?

  画像
子連れのイルカの群れもやって来ます。
「今がチャンスですよ!」
と漁師さんがシャッターチャンスを
教えてくれます。
 
         
 

あなたもオーナーに!?定置網体験

この天草の海の恵みを、思う存分堪能できるユニークな試みがあると聞き、漁港に行ってみると…「定置網オーナー」という看板が。
何とここでは、定置網漁の体験ができ、しかも獲れた魚はすべてもらえる
「ひと網定置網オーナー制度」というものがあるんです!
早速、今日のオーナーの人たちの船に便乗させてもらいます。
網を上げると、これがなかなかの大漁です!
タイやイカ、ヒラメなど、まさに海の幸のオールスターです。
船で早速獲れたてのイカを食べさせて頂くことに!
イカを食べようとすると「渡辺さん、コショウ、コショウで食べるんだよ〜」の声!薬味が「コショウ」?昔、ワサビがとれなかった天草では、薬味にはワサビを使わないそうで…。さぁて、何を薬味に使うのか!?
こちらも放送をお楽しみに!

  画像
大漁! 大漁!
画像
ひと網オーナーの皆さんの嬉そうなこと!
 
         
 

異国情緒の町歩き

天草と言えば、南蛮文化。
キリスト教文化の雰囲気漂う葡テに向かいます。
華麗な葡テ教会の近くの町歩き。

 

画像
荘厳な雰囲気に圧倒されます。

 
         
 

崎津の隣の地区にある「天草コレジヨ館」では天草に伝来した西洋文化を紹介していて、印刷機、更紗、楽器などが展示され、この日は「コレジヨの仲間」の皆さんが16世紀の宗教音楽の演奏を聞かせてくれました。 

 

画像
「コレジヨの仲間」の演奏と共に
展示物の数々をご覧ください。

 
         
 

南蛮渡来の「うまかもん」探し!

そして、「うまかもん」探しも忘れていませんよ〜
崎津教会の近くの店から「寄らんせ!」と地元のおかあさん達の元気な声が!
ちょうどお昼時、おかずを持ち寄って楽しく食べているというお仲間に入れて頂きました! 南蛮渡来の「南蛮漬け」、「せんだご汁」など、天草ならではのおかずに渡辺さんも大興奮です!

 

画像
美味しさに 渡辺さんの頬もゆるみます!

 
         
 

平均年齢○○歳のメイドとお食事!

旅の終わりに訪ねたのは、倉岳町棚底。
まるで城のような石垣があちこちに残るこの町の風景はちょっと不思議な雰囲気です。なぜこんな石垣があるのか…その風景と共に答えは放送でご覧ください。
そしてこちらには、何でも「メイド」さんがいらっしゃるそうで…
何故「メイド」と言うのか、想像してみて下さい!
その「メイド」さんたちがおかずになるものをちょっとそこらで摘んで、美味しい野草料理でご飯をご馳走してくれるというのです。
平均年齢○○歳のメイドさん達と食材集めにいきます!
この食材集め、またまたびっくり、ほんとに身近なところで調達するんです!
そして、出来上がった料理がすら〜っと並んだテーブルには「なが〜い箸」
どうしてこんな箸を使うんでしょうか?
この謎は!?是非とも放送をご覧ください!

 

画像
渡辺さん、惜しい所で正解を逃しました。
さて、この長い箸何に使うんでしょうか!?

 
         

編集者から:渡辺徹さんの目線を通して、旅先の人々の生活が見えてくる…
今回の天草も「うまかもん」探しの旅とは言いながら、「美味い!」に留まらないものを皆さんに知ってもらいたいという植田Dの下調べの成果を、渡辺さんは体験して、見せて、聞かせてくれたような気がします。「旅の楽しさは自分で作る」を見せてもらいました。皆さんも熊本に出かけて、マイ熊本、マイ天草の旅をしてみませんか。

次回2315回は女子レスリングで活躍した・浜口京子さんが「ふしぎの国、って思っているんですよ」という大阪を旅します。夏休みには更に賑わうUSJ、名物の立体看板から意外なものとの出会い、もちろん大阪の味も…どんな「ふしぎの国」になりますやら、どうぞお楽しみに






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.