画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から:今回の旅人は「遠くへ行きたい」初出演そして初めての一人旅となる浜口京子さんです。選んだ旅先は、父親のアニマル浜口さんのルーツがある大阪、時々仕事で出かけていた大阪は面白そう〜と気になっていたそうです。
行く先々で「可愛い〜ね」と出会った人から楽しげに話しかけられ、「レスリングの時はこわいですよ!」なんていう会話が交わされたりして、とても楽しげな旅になりました。
世界選手権やオリンピックの女子レスリングの選手として活躍した顔とはひと味もふた味も違う浜口さんのキャラクターに魅せられてすっかりファンになってしまったスタッフ・伊藤からのタイトル通り「不思議の国の京子」の旅の報告です。

 
         
 

初めての一人旅へ

20年以上 親子二人三脚でレスリングの道を歩んできた浜口京子さん。
練習に、試合にと忙しく今まで一度もゆっくりと「旅」をすることはありませんでした。たまに家族で旅行へ行くことはあっても、いつも頭の片隅に「レスリング」があり、旅行を途中でぬけだし練習に向かってしまうほど・・。
そんな訳で今回は浜口さんの「人生初の一人旅」。
旅先に選んだのは、人情とユーモア溢れる街・大阪の魅力を探し、そしてなにより父親のアニマル浜口さんのルーツが大阪ということもあるのですが、そのお話は後ほど…。
ドキドキ!初めての一人旅、どんなものに出会えるか、楽しみ一杯です。

 

画像
大好きなテーマパーク
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン!(USJ)
映画そっくりのアトラクションにもう、大満足!

 
         
 

通天閣の下 に広がる
ディープな新世界


大阪の下町のシンボル通天閣がそびえ立つ新世界!
昭和の時代から地元の人たちは、仕事終わりに新世界に立ち寄り、
串カツとお酒で1日の疲れを癒し明日への活力にしていたそうです。
その雰囲気は観光地化された今でもあちこちに感じることが出来て、
歩いているだけで地元のお客さんたちが「ここ空いているからおいで!」と
声がかかるという、下町情緒たっぷりです。
浜口さんも串カツを立ち食い、しばしの交流を楽しみました。

さらに、賑やかな通りを外れて、一つ裏に入ってみるとさすがディープ大阪・というのでしょうか…外国人が経営する包丁専門店なんていう不思議なお店も発見しちゃいました。ちょっと寄り道しちゃおう〜と。
伝統ある堺の包丁に惚れ込んで実演販売のお店を開いているアメリカ人のジョーさんとの出会いでした。

 

画像
念願の串カツ!
地元のオイちゃんと仲良くなっちゃった。

画像
大阪で包丁を買うとは思わなかった!
料理するのが楽しみ!

 
         
 

びっくり!不思議な仏像のある寺

天王寺を歩いていると、巨大でモダンな建物を発見。
何とこれがお寺!地元の人々に愛される「一心寺」です。
最近は観光客にも知られて、大勢の人々が訪れるんだそうです。
1185年に浄土宗の法然上人が庵を開いたのが始まりという歴史ある寺なんですが、こちらにビックリ仰天の仏像がありました。

  画像
これが不思議な仏様。
木像でもない金属でもない、
ある驚きのものでできているんです…
 
         
 

夏のパワーの源を求めて、岸和田漁港へ

大阪湾で魚が豊富に獲れるなんて知りませんでした!今が旬の魚が食べられるんやで〜と言われて、大阪市から南へ、泉州・岸和田漁港を目指します。
朝5時のせり市、そこではスズキ、タチウオ、クロダイなどたくさんの魚が水揚げされていました。
なかでも関西・夏のパワーの源 と言われる魚が生簀から飛び出さんばかりの元気さに浜口さんも大はしゃぎ。「夏の食べ方はこれよ〜」という料理を頂きました。

  画像
関西 夏の風物詩をいただきまーす!
 
         
 

高槻市 主婦の粉もん料理!?

お母さんたちの元気を訪ねて大阪の北、高槻市へ。ここに40年程前 家庭料理から生まれたご当地グルメがあるらしい。その名は高槻名物「うどんギョーザ」! 一体どんな料理なのか、高槻市の元気で面白いオバチャンたちに教わっちゃいました。
おまけに、素敵な旦那様を見つけるには…なんていう恋愛術まで教えてもらいました。

 

画像
元気なお母さんたちと作りました、
高槻名物の「うどんギョーザ」
すごく簡単に作れて、これなら私もできそう!?

 
         
 

父・アニマル浜口のルーツを発見!感動の出会い

中学時代、父・アニマル浜口さんの影響でレスリングを始めた浜口さん。
そのお父さんから「大阪でぜひ行って来い」と言われた場所があります。
繁華街・北新地のド真ん中にあるトレーニングジム「ナニワトレーニングセンター」です。
アニマル浜口さんが20歳の頃、鉄工所などで働きながらレスラーを目指して通っていたトレーニングジムです。
父がトレーニングしていた50年前と変わらないというジムの光景に感動。
さらに父をコーチしてくれた伊集院さんから、当時の父の頑張りを聞くことができました。あの「気合いだ!気合いだ!」のルーツに触れることが出来て、思わず涙…でした。

 

画像
父が若い時 お世話になった伊集院さん。
初めてお会いすることが出来て、
私からも改めて感謝です。

 
         
         

編集者から:浜口京子さんの旅、如何でしたか。天真爛漫、という言葉は浜口さんの為にあるんじゃないか、と思うぐらい、明るくて楽しげに大阪の旅を見せてくれました。大阪のオジちゃんもオバちゃんも浜口ファンになっちゃったみたいです。人生経験を沢山積んだというのではない、なんだか不思議な存在感のある旅人でありました。






Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.