画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から:俳優 山中崇さん、「遠くへ行きたい」は2度目。
今回は「麺が何より大好きなんです」という山中さんのリクエストに応えて実現した“うどん県”こと香川県への旅となりました。
讃岐のうどんと一言で言いますが、様々な形で麺への拘りを持つ人たちとの出会いがあった“たかがうどん、されどうどん”高松から小豆島への旅です。そして今回、アシスタントスタッフとして初参加の本庄。下調べから番組の完成までを初めて経験しての、旅の感想と共に番組の見どころです。

 
         
 

「遠くへ行きたい」初参加の本庄です。旅人の山中さんと他スタッフ4名、旅行のような感覚で楽しく撮影が進んでいきました。山中さんはカメラが回っていないところでも取材先の人たちとお話をしたり、いろんなことに興味を持って質問していたり、気さくで面白くてとても優しい方でした。初めての「遠くへ行きたい」の旅で、緊張しまくりの私でしたが、旅人の山中さんをはじめ、スタッフや気さくで優しい香川の方々に恵まれて、楽しく旅をすることができました。
では、私から山中崇さんの旅の見どころです。



 
         
 

まずは、かけつけ一杯!

JR高松駅に降り立った山中さん。「香川の人はどれくらい、うどんを食べているのか聞いてみたい」とうどん県に興味津々。駅からちょっと歩けば、“手打ちうどん”の看板が… 朝5時から営業という、うどん屋さんへ。
うどんを注文したらあとは出汁を入れるのから具をのせるのまで、すべてがセルフと言われて戸惑いながらも、まずは「讃岐のうどん」をいただきます!


画像
迷わず「大」を注文です!

 
         
 

郷土の味「しっぽくうどん」

次に向かったのは畑が広がる高松市の郊外にひっそりとお店を構える、看板も暖簾も出ていないお宅。「ここで食べられるの?」と中に入ると、そこは製麺所!どうして、麺を作るだけでなくうどん屋さんも兼ねることになったのか…実は、働く人の強〜い味方だったんです。お店のメニューは汁の中に野菜がどっさり入った香川県の郷土料理「しっぽくうどん」だけ。製麺所でいただく打ちたて麺のお味は? そして、今回も山中さん、旅の想い出をスケッチします。

 

画像
「しっぽくうどん」美味しい!
画像
今回の絵のポイントは文字です

 
         
 

春限定のうどん

「讃岐にもカレーうどんってありますよね〜」と言いだした山中さん、実はカレーマイスターの資格を持っているのです。
絶品カレーうどんの店と聞いて訪れた店の暖簾には何故か「元祖わかめうどん大島家」!カレーうどんなのにわかめうどん?出てきたのはどう見てもカレーうどん。ワカメはどこに?麺を持ち上げてみると緑色の麺が!「ワカメはどこ?」
…番組で確かめてください。他にも季節ごとに色々な色のうどんが登場するそうです。丁度春のうどんを作るというので見せて頂きます。何故か材料集めは畑から。山中さんもお手伝い、うどんで春を先取りしちゃいます!

  画像
これが「わかめうどん」?
画像
麺づくりに真剣な面持ちの山中さん
「美味しくなれ!」
 
         
 

駅のホームで「飲むうどん」!?

高松琴平電鉄、愛称「ことでん」に揺られ高松の中心部へ戻ります。終点の高松築港駅で降りるとホームに小さなお店、そしてビールを飲んでいるお客さんが。こちらのお店で皆さんが飲んでいるのは「うどんビール」だって言うんです。いくらうどん県でも、うどんでビールはないですよね!?うどん県ならではのアイデアでした!謎が解けたところ会社帰りのお客さんと乾杯です!

  画像
どんな味がするのか、
山中さんの「旨い!」をご期待ください
 
         
 

小豆島の素麺

ここまで来たらやはり小豆島の素麺は逃せません。早朝、高松港からフェリーに乗って小豆島へ。小豆島へ着くと小豆島のそうめん作りには欠かせないごま油の香りがお出迎え、山中さん、テンションが上がります!港から歩いて行くと素麺を天日干ししているところを発見!さすが素麺の島です。
そして、素麺を作る工場では作業工程を見せて頂き、素麺延ばしの体験も。この後にはここでしか味わうことのできない生のそうめんをご馳走になります。

  画像
緊張する「箸分け」という作業です
 
         
         

編集者から:山中崇さんの高松から小豆島への旅。番組では珍しい“うどん尽くし”ひたすら、“うどん”を追い求める旅です。「なんだ、うどんか」なんておっしゃらずに、まぁご覧ください。
山中さんの「旨い!」の表情もさることながら、うどん愛に満ち溢れた香川の人々との出会いや拘りが色々な形で見えてくる旅になりました。
改めて、香川県が“うどん県”と呼ばれる理由がわかった気がするという山中崇さんです。一つのテーマに拘って旅する楽しさを皆さんも味わってみて下さい。

次回、2348回は俳優 石黒英雄さんが奄美大島を旅します。
憧れのマングローブを探索し、出会ったのは巨大ウナギ!
島ごはんに、島唄の宴!島に暮らす、おおらかな人たちと出会い、
亜熱帯の「自然と食と音楽」を満喫する旅です!
どうぞお楽しみに!







Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.