画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から:今回はスタッフ・木村の以下の本文頭書きにありますように「知っているようで意外に知らない街ってあるもの」という旅哲学を持つ渡辺徹さん、「何度も行ったことのある神戸で面白いこと探そう」ということで出かけた旅です。灯台下暗しと言いますか、知らない街を改めて歩くことがこんなにも楽しいものかと感じる旅となりました。見どころを参考にぜひ放送をご覧ください。

 
         
 

“ハイカラタウン”神戸へ!

俳優の渡辺徹さん。前回の千葉県 船橋市の旅に引き続き「よく知っているはずの街で意外なモノを発見したい!」ということで今回はこれまで何度も足を運んだ兵庫県 神戸市へ!
神戸といえばポートアイランド、北野異人館、中華街・・・西洋文化のメッカと言いますか、いわゆる“ハイカラタウン”と呼ばれる街をイメージしますよね。でも、今回はひと味違う、知られざる神戸を探して歩きます。


画像
「神戸なんてよく知ってるよ」と言っていた渡辺さん、
どんな驚きに出会えるか、
期待を込めて旅の始まりです

 
         
 

「神戸の台所」を散策

まず向かったのは“神戸の台所”と看板が掲げられた東山商店街。台所というだけに、地元の人がたくさん買い物に来ているようです。神戸の人はどんなものがお好みなのでしょうか?
目の前で裂かれていくアツアツのサキイカ、阪神ファンのご主人が焼く「野球カステラ」、関西人の定番という栄養ドリンク「冷やし飴」などなど、ここの商店街はほんまにディープやで〜


画像
生鮮食品から惣菜、衣料品まで…
ここは毎日活気に溢れています
画像
「出来たて食べてみる?」人情も残る商店街です
画像
「野球カステラ」
これは何を型どっているのでしょうか? 
ヒント:阪神ファンが一番欲しいものです!?

 
         
 

ご当地グルメ「そばめし」の秘密

渡辺さん、神戸に来たらぜひとも食べたかった粉もんがあります。それは、焼きそばに冷やご飯を混ぜソースで食べるご当地グルメ「そばめし」。紹介されて向かったのは昭和の雰囲気漂うお店です。中に入ると、89歳と69歳のパワフルなお母さんが迎えてくれました。店の美味しさの秘密が鉄板に隠されていると言いますが…えっ、鉄板の下がカマドになっているんです!どんな仕掛けなのかは、放送で確かめてください。そして、この店は鉄板だけでなく人も暖かい!お客さんとお母さんとのやり取りも楽しいものです。きっと、昔ながらの神戸ってこんなだったのですね。

 

画像
焼きそばに冷やご飯を混ぜるなんて、
どんなキッカケがあったんでしょうか?
画像
「お客さんが『ガスにせんでくれ』言うから
止められへんねん」とお母さん
画像
お母さん達との会話もそばめしの“味”です

 
         
 

発見!都会の魚市場

ポートタワーなど神戸を代表する街並みを少し外れると、漁港もありました。ここ長田港で水揚げされた魚は生きたまま生け簀に移されて、競りに掛けられます。セリ人の叩くリズミカルな音にのってどんどん魚が競り落とされていきます。アナゴを競り落とした居酒屋を営む清本さんについていくと、新鮮なアナゴでしか食べられない地元ならではの料理があると言うのです。それはいったい…?

  画像
こんな都会のそばなのに、魚種の多さにびっくりです!
画像
アナゴの旨さの秘密は
神戸の地形と関係がありました!
画像
産地でしか食べられないアナゴ料理とは!?
 
         
 

六甲山を越えて…

海の次は山、六甲ケーブルカーに乗って神戸の人たち自慢の六甲山へ。わずか10分で六甲山上駅に到着です。展覧台から見下ろす神戸の市街地の景色は最高!さらに夜は1000万ドルの夜景と呼ばれ、関西の有名なデートスポットです。
そして六甲山を北側に下ります。そこは神戸市 北区、初めて訪ねる六甲山の北側はどんなところでしょう?

  画像
途中、滝が見えたりして景色も楽しめます
画像
この景色を見て何組のカップルが
誕生したのでしょうか…ってね。
 
         
 

茅葺き屋根の集落発見!

六甲山の北側には意外な田園風景が広がっています。立派な茅葺き屋根の家を発見しました。ここ神戸市北区にはなんと今も700棟もの茅葺き屋根の家が残っているのだそうです!(維持が大変なので、トタンで保護している屋根も少なからずあります)
こんなに沢山の茅葺き屋根一体どうやって守っているのか、気になります。
この屋根を守っている職人の相良育弥さんを訪ね、茅葺き屋根の凄さ、奥の深さを伺います。自然と人の暮らしとのサイクルをうまく生かしてきた日本人の知恵に、渡辺さんも感心…。そして、役目を終えた茅が神戸牛につながると聞いてまたまたびっくりです。

  画像
文明開化のモダンな町というイメージのある神戸とは
180度違う・・・これも神戸の風景
画像
ここは飛騨・白川郷ではないですよ!と(独り言)
屋根を葺き替えるのは20〜30年に一度
画像
「日本人ってこうやって暮らしてきたんだなぁ」…
茅葺き屋根に隠された知恵とは?
 
         
 

感動!神戸ビーフすき焼き

山菜採りをしている西さんのご家族と出会いました。この辺りは春になるとツクシがたくさん採れるそうです。実は西さん、神戸ビーフの元牛となる但馬牛(たじまうし)を100頭も飼育しているといいます。牧場を見学させてもらい餌やりをお手伝いしたご褒美に、上がっていきなさいとお相伴にあずかりました。そうです、今日の夕飯は神戸ビーフのすき焼き…!こんな贅沢な食事が出来るのは牧場ならでは。ご家族と食事を楽しみながら今回の“想像を超えていた、知られざる神戸の旅”を振り返ります。

  画像
神戸市内でこんなにたくさんの牛を
飼っているなんてビックリ!
画像
これが世界に誇る“神戸ビーフのすき焼き”
 
         
         
         

神戸、と言えば国際観光都市のイメージをお持ちでしょうが、一つ目線を外して眺めてみると・・・思いがけずディープな神戸が見えたり、里山の風景に出会ったり、不思議でそして面白い旅です。日本にはまだまだ知らない土地があるもんだ、と感じていただければ幸いです。

次回、2356回は「遠くへ行きたい・秘湯ハンター」のますだおかだ増田さんが涌谷、鳴子、鬼首と宮城県の秘湯を巡ります。いずれも有名な温泉地ですが、そこは「秘湯ハンター」のこと、どんな温泉を見つけるか。温泉以外にも、文字通りの「金看板」、湯治場の餅つきパーティー、伝統こけしに山菜、キノコ汁などなど…どうぞ、ご期待ください!







Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.