画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から:「遠くへ行きたい」はわずかに2泊3日の旅ですが、旅人の皆さんは仕事で各地を訪ねることはあっても、旅そのものを楽しむ機会は余りないようで「遠くへ行きたい」は仕事を忘れて、自分の興味あることや地元ならではの食文化そして人々との色々な出会いが出来るのが楽しい、とおっしゃいます。そんな一人の酒井さん、「久し振りにやっと旅の時間が出来ました!」と長崎県壱岐島へ。「酒井さんは旅先で出会う人々との会話も自然で、色々な体験も楽しそうでした」と言う、一緒の時間を過ごしたスタッフ・木村からの旅の見どころです。

 
         
 

「子育て真っ最中なのでなかなか自分の時間がとれないんです」・・という酒井美紀さん。
久し振りの「遠くへ行きたい」は島旅が大好きということで、今回は長崎県 壱岐島(いきのしま)へ!島の人たちの暮らしぶりに接するのを楽しみに出かけました。



 
         
 

イキイキ!旬の宝島

博多港からフェリーに乗って壱岐島へ!とても大きなフェリーでリラックスできます。
船にはこの時期“あるもの”を目当てに島へ向かう観光客がたくさん乗っています!
船中で皆さんとの出会いを楽しみながら、およそ2時間半の船旅です。幸先いいですね!



画像
旅先での出会いも旅の醍醐味!

 
         
 

伝統の市めぐり

船は壱岐島の玄関口、郷ノ浦港に到着。町を歩くと、幸運にも市が開かれていて大賑わい!“八日市”、人が一番集まるイベントなんですって。
「かすまき」という壱岐の伝統菓子、海で使う一寸変わった道具や
今が旬だというウニも獲れたてが並んでいました!

 

画像
市には島内外からたくさんの人がやってきます!画像
生ウニの試食もさせて頂きました!

 
         
 

玄界灘の海女漁に密着!

島の東部、芦辺町 八幡浦へ。この時期、この地区で獲れるウニを目当てに観光客が押し寄せると聞きました。というのも、ここでは海女さんが伝統的な漁法でウニを獲るので、格別の美味なんだそうです。朝6時30分、港に続々と海女さんたちがやってきます。お願いして酒井さんも船に乗せてもらうことに。ここの海女さんたち独特の漁の準備や、水の中での軽快な動きはぜひ番組でご覧下さい!酒井さんも海に入りましたよ!

  画像
出航早々、突然海女さんたちが立ち上がり
手を合わせはじめました。その理由とは?
画像
水温17度。凍えるような寒さの中でウニを探します
 
         
 

人気!ウニ丼の秘密

港のすぐそばに海女さんたちがとったウニが食べられる「はらほげ食堂」があります。一番人気は生ウニ丼。美味さの秘密は、タレにあるといいいます。東京など県外からもたくさんの観光客が押し寄せるというその秘密とは?

  画像
産地だからこその、贅沢な「生ウニ丼」!
 
         
 

磯あそびの楽しみ

夏に向かうこの時期、海岸は磯遊びの人で賑わいます。期間限定の漁業権をとって磯の漁を楽しんでいる橋本 美根子さんに案内され、磯のご馳走を探します。橋本さんが岩をめくると、そこにはたくさんの小さな貝が大集合!さらに海岸の土手にも美味しい野草があるといいます。海のもの、山のものに「島はそこら中がスーパーみたい!」と喜ぶ酒井さんです。

  画像
磯は天然のスーパー!
画像
島で「ミナ」と呼ばれる磯のおかず
画像
普通に歩いていると見過ごしてしまいそうなものも
島ではおかずの一品
 
         
 

海の幸、山の幸!旬の島ごはん

とってきた貝や野草は、郷土料理が美味しいと評判の「民宿 宝来荘」に持ち込んで調理します。酒井さんもお手伝い。食材は取って来た野草、ミナ、海産物の他、
巨大な豆腐も登場です!
豆腐って、旅をしていると本当に日本各地で色々な種類に出会います。
どうやって調理するのかは番組でのお楽しみ。
そして「ひきとおし」というおもてなしの鍋を囲み、みんなでいただきます!

  画像
これが一丁!重くて固いのが特徴の壱岐の豆腐です
画像
働いたあとの食事はうまいっ!
画像
東京では食べられないご馳走です
 
         
 

華麗!島のアート

島の人たちは、浜辺に打ち寄せる貝殻も利用して楽しんでいます。貝をコレクションしている川上吉子さんの自宅へ伺います。そこにあるのは、まるで博物館のように陳列されている綺麗な貝殻の数々!
そんな貝殻をアートに取り入れた方もいます。「工房 如月(きさらぎ)」には巨大な絵が!よく見ると、一つ一つ貝殻で作られています。
さらにこの工房では、一般の人でも貝を使って作品作りを体験できるというので酒井さんもチャレンジします!

  画像
川上さんが十数年もかけて拾い集めた貝殻は
なんと100種類以上!
画像
「カイダコ」と呼ばれるタコが作った珍しい貝殻
画像
ベニガイという貝だけを使った作品
画像
酒井さん、島をイメージした「シーキャンドル」作りに夢中!
 
         
 

神秘!割れる海

壱岐で今人気のパワースポットがあります。一見、海に浮かぶ小島のように見えますが、実はここ、海が割れて道が現れるという神秘的なスポットなのです!島には地元の人から信仰を集めている社もあります。
酒井さん、神社に参拝し、自然を大切に暮らしている島の人たちとの出会いを振り返ります!

  画像
満潮時はこんな感じ。ただの小島ですが、
さてこの後、どんなことになるのか?
これこそ放送を見てのお楽しみです!
 
         

酒井美紀さんの壱岐の旅、酒井さんの目を通して、観光の島と言うよりは自然と上手に折り合って生活している島の人々の暮らしぶりに出会えたような気がします。
酒井さんと会話を交わす島のみなさんの楽しそうな様子を通して、壱岐島のもう一つの顔を見て頂ければと思います。

次回、2362回は的場浩司さんが青森県青森、脇野沢、鰺ヶ沢、深浦を旅します。
スイーツ王子の異名をとる的場さんならではの、舌で味わう下北半島の伝統のスイーツの数々、北前船が運んだ文化の歴史など青森の人々の生活に根付いている暮らしぶりや食文化との出会いをお腹いっぱい楽しみます。どうぞ、お楽しみに!

 

 

 

 







Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.