画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

編集者から:番組では「青春18きっぷ」の旅をしている佐藤正宏さん。いつもは線の旅ということになるのですが、今回は伊勢、多気、答志島に足場を定めての旅。おかげ横丁の名物店舗、人気の高校生食堂、島の漁業などに従事する若者たちとの出会いがありました。「次の時代を継ぐ元気な人たちが語る話がとても力強く素敵でした」と言う若いスタッフ・門からの報告です。

 
         
 

お伊勢さんから旅の始まり!

旅の始めに、まずは伊勢神宮にお参り、とその前に…
伊勢神宮の参道にはおいしそうなお店がたくさんあります。松坂牛やアワビが手軽に食べられる串焼きのお店なんかもありました。アワビには赤ちゃんにまつわる言い伝えがあるのだとか。
しかしやっぱり伊勢と言えば赤福!お店では1つずつ手作りされる出来立ての赤福餅を食べることができます。側を流れる五十鈴川の水音もご馳走です。
本店で食べる赤福はなぜか、心がきれいになる気がします。


画像
旅の始めは伊勢神宮から!
画像
伊勢と言えば赤福!
餡は川の流れを模っています。

 
         
 

丸い田んぼ!?

伊勢から多気町へ。この日は収穫祭と呼ばれるお祭りがありました。多気町には「車田」と呼ばれる丸い田んぼがあります。インターネットの地図で見ても真ん丸。神様が降りてくる目印になっているそうです。収穫祭で刈とった稲は伊勢神宮に奉納されます。
そして、多気町には平安時代に作られたという大切にされているものがあります。それが近長谷寺にある国指定重要文化財「十一面観音立像」。高さ6メートルを超える観音様です。すごく迫力のある観音様ですが、長い時間観音様の前にいると「だんだん優しく見えてきた」と佐藤さん。不思議な力が伝わってきます。


画像
まる〜い田んぼ
画像
集落の人たちが守ってきた木造の観音立像!
 
         
 

高校生レストラン

多気町にある「まごの店」。ここは高校生が営業するレストランとして知られていて、ドラマのモデルにもなったお店です。昨年あった伊勢志摩サミットに参加した首脳夫人たちに料理を提供したこともあり、話題になっています。なんとそれと同じメニューを食べることができます。その名も「相可高校特製 三重三昧」、三重県産の食材を使った料理です。お客さんとの真剣勝負で磨かれた料理の腕、大人にも負けません!

 

画像
厨房を切り回すのも高校生!
画像
伊勢志摩サミットで
首脳夫人たちに振舞われた料理です!

 
         
 

漁師の島 答志島へ

鳥羽から定期船で15分ほどのところにある答志島。「まごの店」で使われていたアワビなどの魚介類は答志島の海で獲れたものです。島を歩いていると目に入る光景は、路地で破れた網を直していたり、獲ったウニの身をさばいたり・・・まさに漁師の島です。

  画像
路地を歩くとこんな作業風景にも出会います!
 
         
 

活魚のセリ!

答志島の市場にはお風呂のような水槽がたくさんあります。漁船からおろした魚は走って水槽へ運ばれます。答志島で扱われる魚は活魚。生きたままセリにかけるため、漁師さんたちも走ります!セリの様子を見学。仲買人さんの中に1人だけ女性がいます。果たしてこの女性、何者なのでしょうか?

  画像
仲買人の中でピンクの服を着た女性、
目立ちます・・・
 
         
 

おかず釣り!?

船の準備をしている男性が「晩ごはんのおかずを釣りに行く」と言うので、一緒に連れていって貰うことに。
晩ごはんのおかずを釣りに行く?漁師の町ならではですね〜釣りのスポットに到着すると、入れ食い状態。「こりゃ、買い物に行くより早いわ」と佐藤さん。30分もたたないうちに、大漁です!
釣りの後は島の温泉でゆっくり。伊勢湾を眺めながらの温泉、最高です!

  画像
1度に何尾も!大漁です!
画像
旅の疲れを癒すのは温泉に限ります。
 
         
 

地元の名物食堂「ロンク食堂」

切り盛りする食堂です。佐藤さんが釣ったアジも調理してもらいます。食堂にいた若い漁師さんたちの仕事にかける想い、伝説の漁師を目指すという力強い言葉…親と一緒に仕事する若い漁師たちの気持ち、それを見守る島の人たちとの強い絆に触れることが出来ました。

  画像
地元の名物食堂です!
画像
佐藤さん、皆さんに溶け込んで
旅の最後は、一緒に飲んで歌っての宴会!
 
         

今回の旅、伊藤Dが思いを込めてつけたタイトル通り、輝いている若者たちとの出会いが、とても印象に残りました。伊勢名物を継ぐ人、シェフへの夢を膨らませる高校生、島の漁業の伝統を継いでいく漁師・・・
そんな若者に注目してご覧ください。

次回、2378回は羽田美智子さんが石川県金沢〜白山〜小松を旅します。
お馴染みの老舗の水飴、お麩の新作絶品料理、謎の「フグの子」、お酒の町の発酵食品、そして町の人たちに大切に守られている「苔の里」・・・
金沢、白山、自然が作り出す風景の中を楽しみます。
どうぞ、お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.