画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

今回の渡辺徹さんの旅は何度も来ているという“鹿児島”。久しぶりに中心街・天文館を訪ねると、大河ドラマ真っ盛りと言う風情であちこちに“西郷どん”の幟やら、看板やら、土産物が目に付きます。「ほら似てるでしょう!」なんていう西郷さんとのご対面?もあって、旅の始まりです。


   
         
 

知る人ぞ知るラーメン店

鹿児島に行くと、時間を作ってでも食べるというラーメン店があるそうです。
まずは、ここから旅の始まりです。なんでそんなに美味しいのか、渡辺さんの薀蓄お聞きください。

 

画像
顔なじみの店主との会話が弾みます

 
         
 

西郷さんの隠れ湯のある・薩摩川内

JR鹿児島中央駅から鹿児島本線でおよそ1時間でJR川内駅へ。車中で看護師を目指す学生と「注射の練習なんかもするの?」「今からです、緊張します…」なんていう会話をしながら、川内駅前で不思議な幟を見つけて謎解きをし、山間の川内高城(せんだいたき)温泉を目指します。ここは800年もの歴史があるという湯治場。今は町営共同湯になっているお風呂は西郷さんがよく来ていて、いつも決まったところにどっぷりと浸かっていたと言います。これが何とも“西郷さんらしい”のです。

  画像
これプールじゃありませんよ。れっきとした名湯!
画像
こちらの西郷さんは、もうお風呂に入っていますよ!

 
         
 

西郷さんの弁当?

灰汁ともち米と竹の皮の保存食にして薩摩の名物、これも知る人ぞ知るですね。
西郷さんの弁当と言われ、遠出をする時は保存食としてこれを持って出かけたそうです。切り分けるにはナイフではなくて、包んでいる竹の皮紐が一番というのも、なるほど、という知恵です。

  画像
名物を作っている石原さんに作り方を伺いました。
その手間暇に驚きました!
 
         
 

五穀豊穣、子孫繁栄の田の神(たのかんさぁ)

薩摩川内市祁答院(けどういん)町で、(難読地名ベストファイブですね!)「たのかんさぁ」のお引越しという珍しい祭りがありました。男たちが灰で顔を黒塗りして赤ん坊から大人まで見物客を追いかけてみんなの顔に灰を塗り、でもみんなが楽しそうです。
こういう民俗、風習は「遠くへ行きたい」のロケで出会うことが少なくなりましたが、折々に伝えていきたいと思います。今回、印象的だったのは子供たちがとても元気できっとこの子たちが次の時代の伝え手になるんだろうな、感じられたことでした。番組をご覧になって、「そうだ、昔はお祭りが楽しかったなぁ」なんて思い出される方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

画像
渡辺さんもご覧の通り!
画像
元気な子供たちです!
画像
田の神さぁを囲んで男たちが踊ります

 
         
  マグロ遠洋漁業の町・串木野

山間の町から東シナ海に面した町へ。マグロ遠洋漁業の基地として栄えてきた串木野。町はマグロ一色、レストランに沢山のマグロメニューは勿論のこと、専門店で最高のマグロを安く手に入れることも出来ます。その他にも「ここまで!?」と言うマグロを使った名物がありました!港でマグロ漁船に乗せて頂きました。
そして、市場で仕込んだばかりの魚を積み込む移動販売車も見つけました。
  画像
渡辺さんが食べているのは・・・?
画像
一年は戻らないというマグロ漁船で、聞いた話はびっくりです!
画像
もう50年の付き合いというお客さんが待っているんよ〜と語る
移動販売車の指宿さんです。

 
         
 

薩摩と言えばさつま揚げ、ですが…

マグロと並ぶ、町のもう一つの名物が“つけ揚げ“と呼ばれるさつま揚げです。
「普段食べているものより、ふかふか」と渡辺さんが食べたのは秘密のレシピのさつま揚げ。そして酒のつまみや惣菜でなく、なんと!…

  画像
不思議な形のさつま揚げ、何が不思議か?番組で確かめてください!
 
         
 

旅の終わりに

今回の渡辺さんが歩いたのは旅慣れた鹿児島県でしたが、「やはり歩けば何かに出会える、なるほど、と言う話が聞けるもんだね」という感想が口から出ます。
特に「田の神さぁ」の祭りは、これからも次の世代に受け継がれていく日本の祭りだと思います。皆さんもどこかでこんな日本の祭りを見つけてください。


  画像
東シナ海を前に「気持ちいい〜」と思わず伸びをする渡辺徹さんです

 
         


次回、2407回は室井滋さんが金沢から能登半島を旅します。昔ながらの家並みのひがし茶屋街で味わう老舗の和菓子、不思議な移動販売の豆腐屋さん、UFOの町って?、春の名物漁、黄金色の伝統のお菓子…
お馴染みの輪島の朝市も室井流に歩くと、なんだか楽しく見えてきます。「室井流」がキーワードの旅、どうぞお楽しみに! 




         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.