画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

今回は、大林素子さんの鳥取県の旅です。鳥取県の西部、境港や米子、中部まで足を伸ばして、倉吉、はわい温泉までめぐります。日本海の海の幸、驚くべき技や味、新スポーツや絶景温泉、伝統芸能まで。知られざる鳥取の魅力が盛りだくさんです。



画像
大林素子さんの鳥取県の旅です!
 
         
 

日本海の恵み!境漁港と鳥取ブランド「とろはた」

まずは境港から旅を始めます。日本有数の水揚げを誇る境漁港は、まさに水産王国です。隣接している境港水産物直売センターでは、新鮮な魚介類を買うことができるので、早速覗いてみると、海の幸がびっしり。さんまき漁協直売店の小中栄さんにお話を伺うと、オススメは「とろはた」だそうです。ということで、鳥取ブランドにも認定されている、とろはたの炙り刺身をいただきます。

 

画像
小中さん(写真左)と大林さん。
大林さん、「とろはた」を食べてこの表情です。
画像
鳥取ブランド・とろはた。美しい色をしています。

 
         
 

まるで本物!レザーアート

境港の隣の米子には、牛の革を使って動物や人形などの作品を生み出している方がいます。レザーアーティストの本池秀夫さんです。革という素材から、いったいどのようにして作品を生み出しているのか。そして、サラブレッドなど、原寸大の動物作品や、繊細でこれまたリアルな人形作品まで。じっくりお話を伺い、素晴らしい作品の数々を拝見します。
見たら驚き、匠の技との出会いです。

  画像
本池さん(写真右)と大林さん。
見えている動物は、そう、百獣の王です。

 
         
 

昔懐かしい駄菓子屋さん!岡本一銭屋

米子を散策していると発見したのは、「岡本一銭屋」という看板です。中を覗いてみると、昔懐かしい駄菓子屋さん。岡本小芳さんにお話を伺いながら、しばし童心にかえって、子供の頃によく食べていたという駄菓子を探してみます。

  画像
岡本さん(写真右)と大林さん。
 
         
 

猫の焼き芋屋さん!?

次にやってきたのは、鳥取県の中部に位置する倉吉です。白壁土蔵群の美しい町並みを眺めていると見つけたのは、猫!?と、焼き芋!?出会いは突然やってきます。

 


 
         
  新感覚の餅しゃぶ!(町屋 清水庵)

倉吉で、いま女性に大人気の名物があるということで、町屋 清水庵へ。清水将太さんによって運ばれてきたのは「餅しゃぶ」です。餅をしゃぶしゃぶして食べるという新感覚のメニュー、カラフルな12種類もの餅に大林さんの興奮も最高潮!早速、いただきます。
  画像
清水さん(写真左)と大林さん。
 
         
 

新スポーツ!ドラゴンカヌー

倉吉の隣には、日本のハワイ!と呼ばれる、はわい温泉があります。東郷湖のほとりにあるというので、少し散策していると見かけたのは、ドラゴンの形をしたカヌーです。興味津々の大林さん、水辺にいる水谷慎吾さんに声をかけます。聞けば、「ドラゴンカヌー」と呼ばれる新スポーツで、今は練習の真っ最中だそうです。スポーツと聞いて黙っていられないのが大林さん。仲間に入れてもらい、ドラゴンカヌーに挑戦します。

  画像
水谷さん(写真右)と大林さん。
画像
ドラゴンカヌーです。大林さんも挑戦します。
 
         
 

絶景!湖に浮かぶ露天風呂

ドラゴンカヌーでかいた汗を流すため、いよいよはわい温泉へ!湖に浮かぶ露天風呂があるという、望湖楼を訪ねます。温泉に浸かりながらの絶景は格別です。大林さんの感想が、ズバリ的を射ています。


  画像
望湖楼の湖上露天風呂。
ここからの眺めが絶景です。

 
         
 

東郷湖の巨大しじみ!

温泉の後は、さらに!東郷湖の恵みを求めて。松本力さんのしじみ漁に同行させてもらいます。鬼しじみとも呼ばれている東郷湖のしじみは、なんと一般的なしじみの大きさのおよそ3倍。見比べたらその大きさは一目瞭然、圧倒的です。そんな鬼しじみの自慢料理をいただきます。松本さんが調理してくれたのは、あさりの代わりに鬼しじみを使ったボンゴレパスタ!大林さんも大満足の逸品です。


  画像
松本さん(写真右)と大林さん。
この後、大林さんもしじみとりに挑戦します。

 
         
 

高校生が踊るユニークな郷土芸能!(淀江さんこ節)

ユニークな伝統芸能を受け継いでいるという高校生たちがいると聞き、鳥取県立米子白鳳高校を訪ねます。淀江さんこ節保存会の奥田晃巳さんの指導のもと、稽古に励む郷土芸能部の皆さん。奥田さんによると、淀江さんこ節には、「傘踊り」、「銭太鼓」、「壁塗りさんこ」という3つの踊りがあるそうです。今回、大林さんも左官の壁塗りをユニークな踊りで表現する「壁塗りさんこ」に挑戦。この踊りでは、面白おかしく誇張したメイクもするのですが…大変身した大林さんの踊り、じっくご覧下さい。


  画像
米子白鳳高校・郷土芸能部の皆さん。
演目は、淀江さんこ節の「傘踊り」です。
画像
(写真右から)奥田さん、大林さんと生徒たち。
画像
淀江さんこ節「壁塗りさんこ」の一幕。
大林さんもメイクをして挑戦!?します。

 
         


まだまだまだ、鳥取の魅力には底知れない深さがあります。そして何より、旅を心の底から楽しんでいる大林さんの姿が印象的でした。是非、ご覧下さい!

次回、2414回はユージさんの群馬県・水上〜草津への旅です。
水上と言えば温泉、駅前の足湯は名刺代わり、放浪の画家が通ったという温泉の壁画に感動。不思議な「大トロ牛乳」を味わい、サクランボ狩りも体験、そして豚を飼育して作るカツ丼と生ハムの母子物語。草津ではお馴染みの「時間湯・3分間の我慢」、でも上がってみれば、気持ちいい!地元の人が「教えたくないね〜」という温泉にも入りました・・・そんなこんなの上州の旅です。どうぞ、お楽しみに!



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.