画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

石垣島は初めて、という土井善晴さん。夏の青空に迎えられて、「いい旅の予感」
いつも旅先で見つける食材と食生活との関係についてのコメントに頷くばかりです。今回の旅でも沖縄の食材への土井語録、楽しみにご覧ください。



画像
「凄いブルーや、空も海もみんなブルー!」
 
         
 

ブルーの海を気軽に散歩!?

「別に、装備を付けて潜らなくても、石垣の海を散歩できますよ」と川平湾にやって来た土井さん。さて、さて如何なることやら・・・
最初から思わせぶりですみません!サンゴ、色鮮やかな魚たち、まるで宝石箱の中みたいです。

 

画像
こんな感じで海の中を散歩気分です
画像
枝サンゴが見えました。他にも熱帯の魚たちも

 
         
 

南の島のごちそう探し

石垣島の食材探し、「そりゃ〜まずは公設市場でしょう」
ドラゴンフルーツ、島バナナ、何故か夜光貝を剥いている人がいましたよ。
聞けば西表島からやって来たという漁師さん。
特大のサザエみたいな貝の身を試食。さて、その食感は?
島のごちそうを口にする度に土井語録、炸裂です。

  画像
島の食材、色々揃っていて一つ一つ気になります
画像
夜光貝です。身もさることながら
貝殻が螺鈿細工などの材料として貴重です。

 
         
 

石垣の海ならではの伝統漁

沖のリーフへ漁に行くという漁師さんの船に乗せて貰います。
漁に行くという割には何だか仕掛けが簡単です。魚がエサを食べにリーフにやって来るのをひたすら待ちます。その時の掟もあったりします。見つけた後は時間との勝負、何とも素朴な漁です。石垣の海の伝統漁、獲り過ぎない知恵にも感心です。

  画像
海を見つめる男一人、何とも言えない光景です
画像
魚を見つけた後、男たちが走り出しました!
画像
こんなに獲れました!
画像
獲れたての魚を美味しく料理する、漁師さんのお手並みに
土井さん感歎です。みんなで一緒に乾杯!

 
         
 

島のおやつと滋養満点のまかないのごちそう

有名なお店と言われてやって来たお店。沖縄のおやつと言えば、そう、「サーターアンダギー」ですね。そして、まかない料理は島のおふくろの味。
この日はゴボウ、こんにゃく、昆布、豚肉のゴボウチャンプルー
東恩納マサ子、さよこさんの「さよこの店」でおばぁの知恵を見せて頂きました。

 

画像
それぞれの各自のこだわりがあります。
どんなサーターアンダギーが出来るのでしょうか
画像
昔から変わらない食材で、昔ながらの料理を作ります

 
         
  沖縄の料理に欠かせないのが「とうふ」

観光客にも人気という「ゆし豆腐」を売るお店へ。沖縄独特の「おぼろ豆腐」です。島では昔は大豆を育てて家庭でよく作っていたそうで、豆腐は欠かせない食材なんですね。これを木型に入れて水を搾れば木綿豆腐に。沖縄の炒め物料理「チャンプルー」に欠かせません。
  画像
ゆし豆腐
画像
木綿豆腐、大きいですね〜
 
         
 

島の手仕事、暮らしの道具

大きなガジュマルの林の向こうに、もうこれこそ沖縄、手仕事の工房・やちむん館工房にお邪魔しました。月桃、クバ、芭蕉、アダンなど亜熱帯特有の植物の葉や枝を使って暮しの道具を作っています。

  画像
すべてが昔ながらの手作業です
画像
練習をしていると“島人”の気分です
 
         
 

300年以上の歴史「白保」の獅子舞

土井さん、初めて見る獅子舞でした。お盆の行事だそうです。主役は夫婦一対の獅子たちそして赤ちゃんです。三線の奏でる響きが島の祭りを盛り上げます。

  画像
主役が揃いました
画像
何が起きたのかな?
 
         
 

夏を乗り切る食材・昔ながらの郷土料理

沖縄だから、体にいいというものが色々あると聞いていた土井さん、薬草になる植物を育てているまるたか農園にお邪魔して高西タマ子さんにお話しを伺います。ニガナ、ハゼラン勿論ゴーヤも昔はあちこちに生えていたものだそうですが、若い人たちにその知恵が残って欲しいと、高西さんは婦人会で昔から伝わって来た滋養強壮に良い郷土料理を教えているそうです。その知恵の豊かさ、どうぞ、番組でご覧ください。

  画像
ゴーヤチャンプルーを一緒に作りました
画像
色々な知恵の詰まった郷土料理、皆さんのお話もごちそうでした
 
         
 

旅の終わりに

初めての石垣島で色々な食材に出会った土井語録の一部です。
「沖縄では食材の力を上手に生かして活力にしてきたんだね」「素朴だけど、素材の命の力が違う」「人間と自然の中に料理というものがあるでしょ」・・・
料理研究家の目を通しての石垣島の旅はひと味もふた味も違って見えます。

次回、2419回は鈴木ちなみさんが山口県下関~萩を旅します。「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」に紹介された風景、漁師さんが海への感謝を込めて作ったという日本海をバックにした鳥居が美しい神社、トロアジ、スイカの島、夏ミカンジュース・・・山口の絶景と美味を堪能する旅、どうぞお楽しみに!


 

 
         
         




         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.