画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

鈴木ちなみさん、昨年大晦日・土井善晴さんとの1時間SP、4月の高知県の仁淀川に続いての旅ですが、旅先での皆さんとの出会いがいつも楽しいそうです。視聴者の感想の中にはちなみさんのファンに加えて、ちなみさんの旅を見ているとホットして、癒されるという声が聞こえてきます。そして今回も旅先で出会った人々がちなみさんのニコニコ顔に、初対面という感じが全くなく、とてもいい言葉を聞かせてくれました。今回の旅の見どころは、そんな地元のみなさんとのお話を楽しんで頂ければと思います。



   
         
 

インスタグラムで人気の絶景・二つ

最近、書店の旅のコーナーに並ぶガイドブックには実にいろいろ工夫されたものが目につきます。中でもインスタ時代というのでしょうか、旅案内記述のほかに写真を中心にしたものがバラエティに富んでいる気がします。今回の旅先・山口県にも人気スポットがありました。来ていた観光客の皆さん、自分のショットを撮って友人たちに送っていましたよ。そんな中から・・・

その@:ベストセラー写真集「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」
(三才ブックス)で紹介された「角島(つのしま)大橋」
(JR山陰本線・滝部、特牛からバス。特牛(こっとい)難読駅名ですね)


そのA:CNNが発表した「日本の最も美しい場所31選」に選ばれた神社の鳥居。
元乃隅稲成(もとのすみいなり)神社(長門市油谷、JR長門古市駅)
神社の由来も一寸変わっていて、賽銭箱も不思議なものです。
答えは放送でご覧ください

 

画像
現場に立つと写真とは違う「わたしの角島大橋!」
画像
123の赤い鳥居、インスタ映えするというので人気です
画像
スタッフおススメの夕景です

 
         
 

日本海の透明度に感嘆!クリアカヤック

「まるでダイビングしているみたい!」、透明度の高い海の底を見物できます。ウニや泳ぐ魚も見られて、南の海と見紛う日本海を堪能出来ます。

  画像
角島大橋の下を潜り抜けられます

 
         
 

これアジですか?ほんとに?

長門市仙崎で初夏から8月頃まで、絶品の魚が揚がると聞きました。
その名は「トロあじ」、脂肪分が規定以上ないとこの名がつかないといいます。
刺身は勿論ですが、さらに絶品の食べ方が・・・
ほんとに美味しそうです。

  画像
「なんだ、干物か」なんて言わずに!…この先は放送で
画像
この中から、絶品の一品が生まれます

 
         
 

萩はやはり「小京都」の代名詞です

改めて萩の町を歩くと、「小京都」という言葉が今もなるほど、であります。
歴史を語る町並み、代表的な果物夏みかんの木が塀の上から伸びて、黄色い果実が不思議なアクセント、何だかゆったりと感じられる町です。生しぼりジュースの看板に誘われて一息ついて、最近人気上昇中というスポットへ。
お寺の階段に猫の置物が・・・山門を入ると猫の「阿吽」そして本堂には猫の大きな彫り物が祀られています。「はてな?」の連続です。
江戸時代から伝わる「猫町伝説」がもとだそうです。猫大好きという人の為の被り物、そしてこれを作っているのは海外の大会でも優勝したことのある林隆雄さん。その凄い技、詳しくは放送でお確かめください。

 

画像
雲林寺の住職にお話を伺いました
画像
チェーンソーであっという間に彫り上げるスゴ技です

 
         
  スイカの島・相島(あいしま)

萩の港に着いた連絡船から降りた人たちが持っていました、大きなスイカ!
聞けば相島のスイカは絶品!山口産スイカの半分以上が相島のものだそうです。石垣が築かれた段々畑で栽培されています。
山のスイカ畑の事を話してくれたおかあさん、相島のスイカは何故美味しいのか、段々畑ならではの収穫の苦労と美味しく出来た時の喜びを語る男性、集荷場で選別をする女性・・・皆さんから話を聞くちなみさんの楽しそうな表情からスイカの美味しさが伝わってきます。
  画像
ちなみさん、スイカの大きさにびっくりです
画像
どうです、この美味しそうなこと!

画像
スイカの選別です。磨いて、重さを量って、の優れモノです
 
         
 

旅の終わりに

相島のスイカ農家の坂倉政之さん(73)の「相島はラブ・アイランドっていつも言うんだけど、愛情がこもらんとスイカも出来んです。やはり作物も生きてるから」
という言葉に「そうか…相島は「愛の島」だったんだ!」と頷くちなみさん、
出会った人々の言葉と笑顔が心に残ったそうです。山口県の美味と絶景を訪ねた夏休み、皆さんもお楽しみください。

  画像
こんな絶景もありました。
日本の棚田百選・東後畑棚田(長門市油谷、JR 長門古市駅)
 
         

次回、2420回は佐藤正宏さんの「青春18きっぷ・東北編」、きっぷをフル活用して乗った路線は山形県(奥羽本線、陸羽西線)秋田県(羽越本線、五能線)青森県(五能線、奥羽本線)です。
東北の夏、と言えば「お祭り」ですね。花笠踊り、土崎港曳山祭り、ねぶた…それぞれの土地で祭りにかける情熱が伝わってきます。
東北の味は、夏の絶品岩ガキ、郷土の味が詰まった弁当、91歳のおばあちゃんが作る笹餅・・・そして、あの海辺の露天風呂、最上川下り、田んぼアートなどが加わってにぎやかな「青春18きっぷ」の旅、どうぞお楽しみに!



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.