画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

佐藤正宏さんの「青春18きっぷシリーズ」、この番組ではますだおかだ増田さんの「秘湯シリーズ」と並んでの名物となっています。そして、今回「青春18きっぷシリーズ」は東北までやってきました。このシリーズ、途中下車の出会いが楽しみなんですが、もう一つはどんな路線の列車を使うか、その列車の走りをどう見せるかがスタッフの別のテーマでもあります。特にカメラマンにとってはそれぞれのベストポジションを探すのが、腕の見せ所です。今までの地上での待ちポジションからの映像と違ったショットが撮れるというので、最近話題になっている「ドローン」です。今回これを駆使して見事なショットを見せて呉れたのが西徹カメラマン。最上川沿いに走る陸羽西線、日本海沿いに走る五能線、これは放送で必見ですよ。写真をちょっとお見せしますが、動画の味はさすがです。少ないダイヤと列車の速度と合わせる苦労話は尽きることがありません。
いずれこの欄で語ってもらおうと思います。
あぁ!鉄ちゃんの小生、つい夢中になりました。今回のテーマはサブタイトルにありますように、夏に皆さんが燃える東北の夏祭りです!



画像 陸羽西線
陸羽西線は、大雨の影響で、一部区間で運休や運転見合せがあります。詳しくはJR東日本のHPなどで、ご確認下さい。(8月15日現在)

画像
五能線
 
         
 

若者に受け継がれる伝統「花笠まつり」

東北の夏祭り、旅の出だしは山形の「花笠まつり」夏に皆さんが楽しみに踊るのは花笠を手にしての「花笠音頭」。今、新風を巻き起こしているのが山形大学にあると聞いて訪ねました。佐藤さんがこどもの頃から踊っていたのは正調の踊り、学生たちのは若者らしいアレンジを加えたエネルギッシュなもの。そういえば最近は昔ながらの民謡が現代風にアレンジされて有名になっているものがあってその代表的なのが「よさこいソーラン」でしょうか。こんな風に若者たちに受け継がれて、伝統の祭りや民謡が盛んになっているんですね。

 

画像
山形大学・花笠サークル「四面楚歌」の皆さんと。
正調(佐藤)と新風との共演となりました

 
         
 

ふるさとの味が詰まった弁当・「上京物語」

新庄駅の物産館に最上地域の郷土料理が詰まった名物弁当がありました。JRの3線・奥羽本線、陸羽東線、陸羽西線が集まる新庄駅らしい弁当です。詳しくは放送でご覧ください。来週のお得情報でもお知らせします

  画像
包み紙に込められた作り手の想いがまた素敵なんです!

 
         
 

やはり欠かせません・最上川下り

最上川に沿って走る陸羽西線。ドローンカットもお楽しみ下さい。かつては芭蕉も楽しんだという名物の舟下り舟からの両岸の眺めもなかなかなものですが、途中には名物が食べられる売店もあります。

  画像
巧みに舟を操る船頭さんのガイドと舟歌がまた格別です

 
         
 

象潟の巨大な海の幸

羽越本線で象潟へ、象潟港の夏の名物は「岩ガキ」これが半端な大きさじゃありません。海底の岩場でじっくりと育つので大きくなるんだそうです。
夫の佐々木健一さんが獲ってきて、妻の広美さんが殻をむく漁師のご夫妻にごちそうになりました。佐藤さんのスマホには他にも巨大な海の幸が写っていました。これも見ものです。

 

画像
10年物という巨大なものもありました

 
         
  秋田の祭りは「竿燈」だけではありません。

お目当ては「土崎港曳山まつり」。竿燈と並ぶ人気の曳山まつり、江戸時代から続く夏祭りです。曳山が動き出すと「凄いな、この音!」と佐藤さんびっくりです。その秘密は曳山の車輪です。
  画像
戦国武将の合戦場面が見ものです
画像
秘密はまだありました!煙が出ていますよ!
 
         
 

五能線で欠かせない温泉・「不老ふ死温泉」

日本海の波音を聞きながら、のんびり!もうこれは放送で見てください

  画像
「あ〜気持ちいい!」
 
         
 

青森の米どころの田んぼアート

田舎館村、田んぼが広がり米作りが盛んなところです。それが、25年ほど前から一大観光地に変身!田んぼにアートが出現、毎年テーマが変わるそうですが今年は「ローマの休日」そう、あの名画の主役の二人が田んぼに描かれているのです。田植えの時からデザインされ全部が稲です。写真をお見せしますが、どんな仕組みになっているかは放送でご覧ください。

  画像
稲ですから、秋になったら食べられるんです!
この撮影でもドローンが活躍しました
 
         
 

「おかげさまで、注文の多い笹餅屋です」・手作りの笹餅

五所川原駅前の売店にある名物、夏祭りのごちそうだそうです。
「母親が作っていたものを手伝いながら見よう見まねで作って来た」という桑田ミサオさん(91)自慢の味です。

  画像
今も貴重な味を守って作り続けています
 
         
 

さて、旅の終わりは青森・ねぶた

ねぶたの製作小屋が作られ本番向けて仕上げ作業の真っ最中!
ねぶた絵師の北村蓮明の仕事を拝見します。

  画像
「観る人があっと驚くものを常に考えている」と北村さん。その秘密は?
 
         
 

旅の終わりに

「青春18きっぷ」で東北の夏祭りを存分に楽しんだ佐藤正宏さん。祭りもさることながら、訪ねた土地土地での皆さんとの出会いも、とても楽しい会話が弾んだ「お祭り」でした。そして、季節柄でしょうか、元国鉄マンの3人組、一人旅を気ままに楽しむ女性など同好の志にもたくさん会いました。
次は何処に行きましょうか・・・

     
         

次回、2421回は野々村真さんの山口県の旅。美祢市から周防大島までをめぐります。
京都から伝わった山口祇園祭・鷺の舞!、天然すっぽん漁と絶品すっぽん料理、800年の歴史を誇る古式サウナ!や夏祭り!女性だけの尻相撲大会、日本屈指!秋吉台と秋芳洞、ハワイの島・周防大島で友人と再会!などなど見所たっぷりです。
どうぞお楽しみに…



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.