画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

今回の渡辺徹さんの旅は愛知県・尾張〜三河の国です。最近、復元された名古屋城の「本丸御殿」、モーニングの本場の今、将棋好きの間では聖地ともいわれる対局の宿など“・・・されど名古屋”満載です。


   
         
 

話題のモーニングはここまで!

今、地方に行くと喫茶店のモーニングサービスの豪華さに驚きますが、名古屋のそれは想像を越えます。今回、渡辺さんが訪ねた幾つかの喫茶店は「コーヒー一杯の値段でこんなにてんこ盛り!?」と驚くものばかりです。
モーニングを頼んだら、脚立がセットされました!この他のびっくりモーニングは来週のお得情報でお知らせします。

 

画像
これ、名物のドリンクを作っているんです。

 
         
 

豪華絢爛、とはこういうこと!?

先の戦争で焼失した名古屋城の本丸御殿が73年ぶりに復元されました。テレビや新聞のニュースでご存知だと思いますが、旅人の目を通じて改めて見ると
その豪華さに驚きます。日本の美術工芸の粋を総動員した彫刻、絵画、漆工芸・・・
広間を移動するときも目が離せません。ぜひ、放送でゆっくりご覧ください。

  画像
今や名古屋の新名所「本丸御殿」です
画像
学芸員の小西さんのお話を聞きながら「へぇ〜」「なるほど〜」を
連発の渡辺さんです

 
         
 

庶民の聖地・大須商店街

東京・浅草、大阪・通天閣と並ぶ庶民の町と言われる大須、名古屋の人たちが子供のころから親しんだ味がずら〜り。大須観音と並ぶ名所に演芸場もあります。大須演芸場の人気者“ひとみちゃん”と商店街で食べ歩きです。
みたらし団子、たません、どて煮、味噌串カツ・・・「どれもこれも食べてみたいなぁ」の渡辺さんです。それにしても味噌を使ったものが多い事!

  画像
大須商店街入口

 
         
 

愛知県を代表する味はやはり“八丁味噌”

大須で食べた味噌串カツ、どて煮の主役だったのが、八丁味噌。どんな風に作らているのか気になりますよね。八丁味噌の本場は徳川家康の生まれ故郷・岡崎。
家康の味覚のもとは、この八丁味噌かもしれません。
「まるや八丁味噌」の味噌蔵を見せて頂きました。味噌熟成中の大きな木桶の上にこんもりと積まれた石の山が不思議な光景です。
石の働きについては放送で・・・

 

画像
歴史を感じる佇まいです
画像
大きな重石でなく、小ぶりの石積みが熟成を助けるそうです
画像
家康が奨励した兵糧食・焼き味噌、その旨味は今や高級料理!

 
         
  知る人ぞ知る“弥富の金魚”

木曽川の豊かな水に恵まれた名古屋市のお隣、弥富の町は江戸時代から金魚の産地として発展しました。毎週、セリが開かれています。セリ風景も独特な雰囲気です。セリもさることながらあの色々な綺麗な模様や姿の金魚がどうやってつくられるのか深見泰範さんの養魚場へも伺いました。
  画像
日本金魚卸売市場、セリの準備が始まります
画像
深見さんの“桜錦”上から見ても横から見ても豪華な金魚
 
         
 

愛知県もう一つ自慢の産物・安城のイチジク

安城市はデンマークをモデルにした農業が盛んに行われていて、その中でも自慢の産物が「イチジク」でちょうど収穫の最盛期でした。果物として食べるだけでなく、さすが本場、会席料理もありました。

  画像
安城のイチジク、日本一の生産量なんだそうです。
 
         
 

三河湾のリゾート蒲郡の名所・竹島水族館

若いスタッフに言わせると、キモかわいい深海魚が人気の水族館です。開館以来60年も経つところですが展示方法に色々な工夫を凝らしていて、ますます人気なんです。
世界最大のカニの種類と言われるタカアシガニやナヌカザメ、オオグソクムシなどの深海魚の展示もさることながらタッチプールが人気です。
水族館すぐ傍にはなんと、深海魚が食べられるお店もありました。こちらは来週のお得情報で・・・

  画像
深海魚に触れられるので、子供たちは大喜びです
 
         
 

念願の将棋ファンの聖地へ

将棋が趣味の(それもかなりな将棋大好き)渡辺さん、今回の旅で行ってみたかったのが将棋の数々のタイトル戦が行われて来た宿・「旬景浪漫 銀波荘」。
名勝負が生まれた部屋で宿の会長と一指し、もう大満足でした!最近はやりのアニメの聖地訪問をするファンの境地にも似ているように見えました。

  画像
この外観を見ただけで、渡辺さんもうドキドキです
画像
対局の後、名人たちが入った露天風呂で大満足の渡辺さんでした
 
         
 

旅の終わりに

大都会の名古屋の周辺の旅でしたが、大人から子供まで色々楽しめる場所がありました。皆さんも自分のお住いの町の近所を探すと意外に知らない面白ことに巡りあえるかもしれませんよ〜という旅の終わりの感想です。

     
         

次回、2423回は武田修宏さんが大分県・別府〜佐賀関〜宇佐〜姫島で遅い夏休みを楽しみます。別府冷麺元祖の店、あの関アジ一本釣り体験、宇佐・長洲地区に伝わるビックリの盆行事「御殿灯ろう」、人口2000の島に5000人もの人がやって来る姫島伝統の盆踊り・・・名物の味づくしに加えて、町や島に伝わる夏の盆行事がとても愛おしく伝わってくる武田さんの大分の旅です。どうぞお楽しみに!



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.