画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

今回は武田修宏さんの大分県の旅、別府から始まりますから温泉は勿論、知る人ぞ知る冷麺、佐賀関の高級魚などの味も登場しますが、今回皆さんに注目して頂きたいのは宇佐と姫島で出会った二つの盆行事です。This is Japan です。
そんなこんなの見どころです。


画像
JR別府駅前。ラグビーとも縁の深い町なんですね。
武田さん、楽しみな旅の始まりです
 
         
 

別府は温泉天国!変わり種温泉から

別府には源泉が2200以上もありお湯の湧出量は日本一だそうです。武田さん、普通のお湯と違った温泉を巡ります。海地獄、血の池地獄、砂風呂そして気持ちいい!武田さんが体験したのは「紺屋地獄」。温泉なのに、なぜこんな名前が・・・

 

画像
体に塗ると美肌効果があるといいます。だから、女性にも人気です!?

 
         
 

温泉上がりに名物・別府冷麺

別府の町を歩くと温泉の他に、目立つのが「別府冷麺」の看板。満州から引き上げてきた人から聞いて始めたという発祥のお店にお邪魔しました。そのこだわりの製法と味に注目です。

  画像
愛知、兵庫など各地からのお客さんが列を作っていました!

 
         
 

念願の「関アジ」を地元で

佐賀関に向かいます。この“関”の名前がつく高級魚として知られる「関アジ」「関サバ」ご存知ですよね。ちょうど今は「関アジ」釣りの最盛期!
一本釣りの漁師さんの船に乗せて頂きました。何故、「関アジ」というブランドが付くようになったのか、興味あるお話は放送で・・・

  画像
「いい勘してるね」と一本釣り漁師の永倉さんに褒められました!

 
         
 

宇佐市の小さな地区に伝わる精霊飾り

国東半島の付け根・宇佐市長洲地区にだけ伝わるお盆の風習・「御殿灯ろう」と言うんだそうです。縁者の初盆を迎える家のお盆行事、「御殿灯ろう」という名前通りとても豪華なものです。たった一軒の工房で丁寧に作られます。お盆に家で飾られた後、盆の最終日に地区を練り歩き・・・

 

画像
豪華な豪華な「御殿灯ろう」重さ200キロ、大人10人で担ぎ
地区を練り歩き、終わりには思いがけない光景が・・・

 
         
  もう一つの盆行事姫島へ

国東半島の突端・伊美港から知る人ぞ知る盆踊りを訪ねて姫島へ渡ります。
島の公民館では盆踊りの準備中。何だか皆さん色々な、面白いメイクをしています。このメイクをして踊るのが名物なんです。お盆の時には島の人口の倍以上の人たちが集まるそうです。住民の人たちによって守られている伝統ある風習、。親類縁者が集まっての宴会にもお呼ばれして島から離れ難く「なんだか、とてもいいなぁ」の武田さんでした。
  画像メイクの仕上がった子供たち
画像
子供たちの狐踊りが人気なんだそうです
 
         
         
 

旅の終わりに

日本を旅していると、今回出会ったような伝統の風習がまだまだ残っていることにホットします。武田さんも初めて、宇佐や姫島の人たちが大切にしている風習に出会って、いい思い出が出来たようです。
番組では各地ならではの郷土の味だけでなくこんな日本を大切に記録していきたいと思います。

     
         

次回、2424回は西村和彦さんの愛知県の旅。
知多半島と日間賀島をめぐります。
秋にも咲く!?一面のひまわり畑、日本唯一のお酢の博物館!、驚き!江戸時代の特大握りすし、幻想的な光の運河や匠の技!常滑焼、ミネラルたっぷり!赤い湯の温泉、昔懐かしいポン菓子の絶品スイーツ!、タコの島!日間賀島でタコ漁&極上タコ料理などなど見所たっぷりです。
どうぞお楽しみに…




         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.