画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

三倉佳奈さん、双子姉妹のマナカナの愛称でドラマなどに活躍していて朝ドラでもおなじみですね。2児の母でもある佳奈さん、旅先のお店で見るものも、子供たちへのお土産目線です。盛岡から三陸地方への旅で出会った人々は、昔ながらの生活を楽しむおばあちゃんたち、伝統の中にも新しい風を吹かせようとしている元気な若い世代の人たち…都会っ子の佳奈さんにはとても印象深かったようです。そんな旅の中からの見どころです。


画像
次はどんな出会いが…ロケバスの中でも期待が膨らむ佳奈さん
 
         
 

地元の農家が持ち寄る市場・
神子田(みこだ)朝市


市場見て歩くのが大好きという佳奈さん、盛岡に降り立って、早速出かけました、地元の人たちの台所という神子田の朝市です。寒干し大根、山ウド、フキノトウ
春がそこまでやって来ています。暖かい味噌と酒粕の香りに誘われて、自慢の郷土料理いただきます。

 

画像
大根の葉を干したもののおにぎり?
画像
葉っぱの団子が「干しっ葉」という味噌汁に変身、「温か〜い!」

 
         
 

素朴な手作りのお菓子が並ぶ「フレッシュ吉田」

朝市で見つけた吉田さんの店。子供のおやつとしても人気の「うす焼き」や変わり種のシュ―クリームなど、手作りのお菓子が美味しそうです。(来週のお得情報で吉田さんのお話をご紹介します)

  画像
神子田版お好み焼き

 
         
 

保存建築や町並みが残る盛岡を更に歩きます

戦時中空襲にあわなかった盛岡には歴史的な町筋や建物が残っています。

 

画像
歴史を感じながらの散歩です
画像
江戸時代末から続くござ九・森九商店
日用使いの籠や道具がいっぱい。インテリアにもなりそうです

 
         
 

盛岡駄菓子の不思議な逸品

盛岡駄菓子は冬に一年分のおやつを作り置きしていたのが始まりだそうです。沢山並ぶ菓子の中にとても珍しいものがありました。「焼酎糖」、これを作れるのは店の主人関口さん一人という逸品です。

 

画像
どれもこれも子供たちにお土産にしたいものばかりです。
画像
「焼酎糖」を作る関口さん。どんな物が出来上がるのでしょう?

 
         
  本州一寒いという湖で妖精を釣ります!

標高700mにあるダム湖・岩洞湖で初めての経験、3月でも平均50cmの氷が張るという湖で道具一式をレンタルして氷上遊び。ここまで書けばもうお分かりだと思いますが、顛末は番組でご覧ください。

  画像
氷点下31℃を記録したこともあるそうです
画像
氷上のテントがきれいですね。盛岡から近いこともあって、
東北新幹線でやって来る人もいるそうです
 
         
  JR山田線で宮古へ、豪快な季節料理!

宮古は県下でも有数の漁獲量を誇る港。春を迎える最後の季節の名物は何といっても真鱈だそうです。
真鱈料理が自慢の料理長が腕を振るってくれました。獲りたてだから食べられるタラの刺身、白子、天ぷらそして「ほうろぎ汁」というもの。どんな物かは放送をお楽しみに。

 
画像 画像
「ほうろぎ汁」一本の真鱈がこんな風に骨だけになります。    
どんな料理か、番組で料理長近江春雄さんの技をご覧ください。

         
 

三陸鉄道で北へ

三陸鉄道で普代へ。普代村の鵜鳥神社で行われている国指定重要民俗文化財の神楽を見に行きます。この神社807年創建と言いますからとても由緒があります。でもこの神楽を受け継いで守っていこうとしているのは澤口卓弥さん(27)、笹山英幸さん(24)たちの若い世代です。待ちかねていた氏子の村人との交流も楽しいものでした

 

画像
観客が参加できるものもあり、佳奈さんも誘われて拍手を頂きました
画像
このロケの後、3月23日に宮古〜釜石間が三陸鉄道として開通し、
青森県久慈〜宮城県盛までが一本につながりました。
こちらにも若ものが入社して鉄道への夢を語っていました

 
         
 

三陸鉄道田野畑から山へ

旅の終わりに訪ねたのは「山地(やまち)酪農」をしている熊谷圭徳(36)宗矩さん(25)二人の若い兄弟が家族で営む牧場です。「山地酪農」、佳奈さん、聞き慣れない言葉です。
山林を拓いて、野芝を育てて文字通り牛を野山で放牧しているため、牛たちは冬でも自然の中で自由にしているのでストレスがなく濃厚な牛乳を出すそうです。
牧舎の中で飼育するよりは効率は悪いそうですが、牛は健康で寿命も長いんだとか。バター作りなども体験させて頂き、美味しい牛乳もごちそうさまでした。
詳しくは放送でご覧ください。

 

画像
熊谷牧場はこんなところが放牧場です
画像
熊谷さんにお話しを伺っている間も牛はのんびりしています
画像
夕方になると搾乳の為、牛たちは牧舎に戻ってきます

 
         
         
  旅の終わりに

歴史ある盛岡の町で、三陸の港町で、山の中で、それぞれに楽しく生活する老若男女の人たちとの出会いに思いがけない発見をした三倉佳奈さん。
皆さんはどんな発見をなさるでしょうか。旅はそれぞれの人生経験で見えるものが異なってきます。岩手路は間もなく春、機会を見つけて訪ねて見ては如何でしょうか。

     
         

次回、2453回は番組初登場、長谷川純(ジャニーズ事務所所属)さんが島根県松江を旅します。東京生まれの東京育ちの長谷川さん、個人的な旅は初めての今回は出来るだけ遠くへ、ということで訪ねた松江市でどんな出会いや体験が出来るのか楽しみな旅立ちです。
「松江と言えば松江城ですよ」、と勧められて行ってみると何やら元気な掛け声。
城下町ならでは、何と、鉄砲隊の訓練中!舞台で殺陣の経験がある長谷川さん、畳表斬りをやらせて頂きました。そして、初体験は更に続きます。
漁師さんと一緒に天然ワカメの収穫、山では春の味覚の姫タケノコ狩り、そして今回の最大イベントは、5月に行われる10年に一度という船神事「ホーライエンヤ」の練習。10年に一度という神事ということもあり、練習とは思えない松江の人々の情熱に感動です。どうぞ、お楽しみに!




         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.