画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

今回の旅、石黒英雄さんの行く先々に、川の冒険あり、尾瀬の絶景あり、土地の若者との爽やかな出会いあり…ということで出かけて良し、番組を見ても良しの連続です。みなかみ〜沼田そして楽しみなのが尾瀬ヶ原、まさに“夏の先取り”、夏休みのヒントになりますよ〜


画像
至仏山を望む“これぞ、尾瀬!”の絶景です
 
         
 

リバースポーツの宝庫・みなかみ町

利根川上流のみなかみ町では川遊び、というよりはリバースポーツと言った方がいい冒険の挑戦!ゴムボートで川を下るラフティングやキャニオニングなど、最近では各地の川ある観光地でのアクティビティとしてお馴染みで、ここみなかみにもありますが、今回石黒さんが挑戦したのは“ハイドロスピード”。最初はちょっとビックリ、いざ流れに乗ってしまえば「面白〜い、もう一回!」の石黒さんでした。若者には人気というのも頷けます。

 

画像
「行ってきま〜す」“ハイドロスピード”、さてどんなものなのか

 
         
 

森では“ツリーイング”、これってなに?

次は川岸の森へ、何やら立ち木にロープを張り巡らしている男たち。森でオゾンをたっぷり味わってリラックス、というアクティビティなんだそうです。
これにも挑戦した石黒さん、「気持ちいい〜」でありました。
川は苦手だけど、という皆さんには楽しいひとときだと思います。

  画像
説明を聞いても、この後の状況はまだ、読めません

 
         
 

群馬の粉文化、真田一族の城下町・沼田市民のおやつ

真田一族が力を入れた治水事業で農地開発が進み、小麦の栽培が盛んになったそうです。そして沼田の人たちが当たり前のように食べているのが“焼きまんじゅう”。8月に行われる「上州沼田 真田まつり」、これを見るために久しぶりに故郷の帰って来た人たちにも懐かしい味なんだとか。

 

画像
“焼きまんじゅう”
見た目と違う歯ごたえと秘伝のみそ味が自慢だそうです。

 
         
 

“焼きまんじゅう”をヒントに生まれたご当地グルメ

これも秘伝のみそをパンにたっぷり塗っただけのシンプルなもの。ハンバーガー世代に溶け込んだグルメです。どんなものか、放送でご一緒にどうぞ。

 

画像
子供たちに勧められて石黒さんも「ガブリ!」

 
         
  今が旬の群馬の野菜・朝どりレタス

沼田の八百屋さんで見つけました。早速、レタス畑へ。収穫は深夜2時〜6時が勝負と聞きました。薄暗い時間に津久井正一さんの畑にお邪魔しました。
採れたてならではのレタス料理、レタスの新鮮さを味わうには包丁はいらない、と教えてもらいました。料理をする方には知られた知識だそうですが・・・

  画像
夜露が滴って、美味しそう!
画像
研修で来ているスーパーの職員、パートのお母さんたちと
美味しい朝ごはん・採れたてレタスのサンドイッチ「美味しかった!」
 
         
  東洋のナイアガラ・吹割の滝

旅好きの方には見慣れた滝の光景でしょうが、まぁ、ご覧ください。
新兵器のドローンの傑作です。

  画像
石黒さんの先にある、滝の俯瞰。お楽しみに!


         
  県立高校の“鷹匠”

沼田に高校生の鷹匠がいると聞きました。学校の校庭でその技を見せて貰いました。鷹を訓練するのは小川涼輔君、小学校5年生の時にテレビのニュースで見て鷹匠になりたいと思ったそうです。見事な鷹匠ぶりです。時代劇などでは鷹狩のシーンに登場しますが、現代の鷹と鷹匠の役割は害鳥排除が大事な仕事。
小川君の将来の夢は大きくふくらみます。

  画像
小川君の腕前は大人顔負け、その実力は放送で。


         
  行列のできる豆腐屋さん

尾瀬の入り口、片品村で行列のできる豆腐屋さんを見つけました。出来立てをみなさん買いに来ています。幻の大豆と言われる大白大豆と尾瀬の湧水を使って作る豆腐は旨味とコクがあって美味しいそうです。作る工程を見た後は出来立てのおぼろ豆腐を頂きました。この途中で出来るあるものが、また格別の味でした。

  画像
豆腐作り名人・星野千里さんのお話も美味しさの秘密のようです


         
         
  いよいよ尾瀬ヶ原へ

今回、石黒さんは幾つかある尾瀬ヶ原への入り口の一つ、鳩待峠から入ります。
これは言葉よりもなんといっても番組で道中の歩きをお楽しみください。
途中で大きな荷物をしょって歩く歩荷(ぼっか)の天田雄也(26)と遭遇。夏の間は週に6回のペースで尾瀬の山小屋に荷物を運ぶそうです。
尾瀬ヶ原の絶景は写真で少しお見せしますが、天気にも恵まれて映像の美しさは抜群です。

  画像
尾瀬といえばこれですね
画像
丁場(歩荷のための休憩場所)で休む天田さん。
この荷物何キロだと思いますか
画像
尾瀬ガイドの亘理健二さんと尾瀬の自然を体感します


         
 

旅の終わりに

利根川上流のみなかみ町でのアクティビティから始まった石黒英雄さんの旅、沼田の郷土の味、自然の中のレタスの収穫、幻の大豆で作る豆腐、自然を守る高校生の鷹匠・・・上州の大自然とそこに暮らす人々の生活に触れることが出来た石黒英雄さん。画面から伝わる爽やかさと共にお楽しみください。

 

         

次回、2465回は眞島秀和さんが島根県隠岐島を旅します。
先ずは西ノ島の自然を海からシーカヤックで巡ります。初めての割には筋が良い、とガイドさんから褒められました。波と風が作った断崖絶壁の絶景に言葉を失います。断崖からとれる土から出来るびっくりの染め物。そして、隠岐最大の島・島後(どうご)へ。水産高校のさば缶?駅伝の語源となったものが伝わる神社、名物アゴ出汁作り、若い担い手が続く歴史ある闘牛・・・隠岐の今は、歴史の向こうに若い力が色々な形で継承されていました。旅の先々で見えた大自然の美しさと共にお楽しみください。
 



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.