画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
 

みどころ

 
         
 

旅の始めに

土井善晴さん、「その土地のことを知るには、そこに住む皆さんが作って食べているものを、食べるのが一番」とおっしゃいます。料理研究家としてはどんな食材をどんなふうに調理して…というようなことを見ているのだと思います。
今回も長良川、吉田川という岐阜県の清流沿いの美濃と郡上、二つの町でどんな発見をするか、“水と郡上おどり”が目的の旅、ご一緒に歩いてみましょう。


画像
気持ちい〜い!おもわず深呼吸、期待がふくらみます

画像
こんな風景の中を走る長良川鉄道、旅気分が更にふくらみます


 
         
 

ちょっと寄り道、“モネの池”!?

場所は関市板取、少し前にSNSで話題になったところですから、ご覧になった方もいらっしゃいますね。百聞は一見しかず。本当にきれいな池です。
最初に気が付いた人は“偉〜い”

 

画像
しばし息をのむ、透明度の池です。本家の池より素晴らしいかも、です

 
         
 

アユ漁師との出会い・長良川

長良川で鮎漁師の平工顕太郎さん(35)にアユ漁を見せて頂き、清流の天然アユを獲る漁師さんの作る郷土料理をご馳走になりました。ご家族と一緒に土井さんもお手伝い。楽しさも加わって、完食です。

  画像
平工さんの見事な腕前に感心です
画像
特上天然鮎。この後土井さん、驚く方法で味見!好奇心満載です

 
         
 

美濃和紙の町・美濃の町歩きで見つけました

美濃和紙で栄えた町並みが残り、その象徴でもある“卯建(うだつ)”があがった家が見受けられます。美濃手漉き和紙専門店で夏ならではの涼しさを呼ぶ面白いものを見つけました。

  画像
仕上げに入ったところです。ヒントは“水”
 
         
 

和紙からこんなものまで!

美濃手すき和紙工房で見つけたのは、楮100%の通気性の良い紙を漉いて出来上がったという“立花”。さて、どんなものなのか・・・

 

画像
答えはこの中に。土井さんのお相手は紙漉き職人と折り紙作家。
その仕事振りは次週のお得情報で

 
         
 

水の都・郡上八幡

長良川の支流、吉田川の流れる町。綺麗な水が生活の中に溶け込んでいます。町を流れる水路にはコイが泳ぎ、水舟と呼ばれる湧水や山水の水場があちこちにあり、水の音が町の夏空に響きます。岡本芽さんのお宅で夏料理を見せて頂きます。ここでも土井さん、お手伝いしながら郡上の家庭料理の知恵に感心です。「夏、まさに冷たさで食べる料理、美味しいわ〜」

 

画像
水舟で冷やしたスイカ、数倍美味しそうです
画像
土井さんが見ているのは、子供たちの通過儀礼。
これも郡上の夏の風物詩

 
         
  地元の人は勿論、毎年楽しみに各地から観光客も参加する“郡上おどり”

およそ400年前、時の藩主が無礼講として奨励した盆踊りが始まりという“郡上おどり”浴衣姿と下駄が雰囲気を盛り上げます。
土井さんも手ほどきを受けて、踊りに参加。まずは下駄屋さんへ。

  画像
「郡上木履」の諸橋さん
「30日も踊り続けるわけだから、
歯の部分など踊り手たちの意見を聞いて工夫をしています」
画像
左右較べてください。こんなに減るんですよ!
画像
“郡上踊り”の名を広めるために作ったものが名物の店です
画像
こんな踊りの列がお盆を中心に30日も続きます

 
         
         
  旅の終わりに

長良川に沿って水を巡り、400年の伝統の盆踊りにも参加、地元の食材を使った家庭料理をご馳走になったり・・・「なんか、楽しかった。ものすごく旅をしている感じがした」という土井さんです。皆さんも放送をご覧になって、来年の夏には“郡上踊り”に参加して、日本の心に触れる岐阜県美濃〜郡上の旅を体験してみませんか。

 


         
         

次回、2474回は山中崇さんの富山県の旅。黒部の秘境〜八尾・おわら風の盆で夏の名残を楽しみます。黒部峡谷の名物、大自然の峡谷を縫って走るトロッコ電車に乗って秘湯・名剣温泉へ。更に立山連峰のパワースポットで夏の滝行、1200年前に行者が彫ったという磨崖仏が見守ります。
滝行の後の精進落しは、わざわざこれを食べにやって来る人もいるという門前の「そうめん」これが旨〜い!そして、富山県人の祝い事には欠かせない「細工かまぼこ」の職人技にびっくり!
旅の終わりは、話に聞いて楽しみにしていた越中八尾「風の盆」の前夜祭に参加。「越中おわら節」にのって女踊り、男踊りが三味線、胡弓、謡の調べに合わせて町を練り歩きます。山中さんも教えて貰って参加。毎年踊るのを楽しみにやって来る人たちも沢山いるそうです。ダイナミックな黒部の大自然を吹き抜ける風、静の盆踊り「風の盆」という夏の名残の二つの風の旅、どうぞお楽しみに!



         




         




Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.