画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら    
 
  オトク情報
編集者から城下町・松江、職人の里・出雲で旅人・土井善晴さんの目に留ったものをスタッフ伊藤の報告でご覧下さい。


 
   
 

ネコがお出迎えしてくれる松江の老舗骨董店!

画像


画像
▲かわいい看板ネコが迎えてくれる骨董店です。

島根県出身の陶芸家・河井寛次郎の茶碗やバーナード・リーチの器などお宝ざくざくの老舗骨董店。他にも、茶道具や有田焼などたくさんの骨董品が所狭しと置いてあります。
優しい店主の松尾さんとかわいい看板ネコ ハク君が待っていますよ〜。

「新古美術 松尾」
〒690-0843 島根県松江市末次本町55
tel 0852-21-4976






   
       
 

画像島根県出身の陶芸家・河井寛次郎が愛した和菓子店「風月堂」

画像
▲この断面!皮を感じないほど滑らかな羊羹でした。

河井寛次郎の大ファンという土井善晴さん、
生前の寛次郎と親交があったという和菓子店の池田さんと意気投合。
寛次郎談義が始まりました・・
放送でご紹介した寛次郎が最も愛した「黒小倉」はお彼岸の季節商品のため、
9月まで発売はありませんが、「八雲小倉」など銘菓がたくさんあります。
ぜひご賞味ください。

「風月堂」
〒690-0843  島根県松江市末次本町97
tel 0852-21-3576

 









   
       
 

画像トロッコ列車で ヤマタノオロチ伝説の舞台・奥出雲へ

画像
▲青いボディで神話の里までひた走ります!!

奥出雲の山あいを走るJR木次線のトロッコ列車「奥出雲おろち号」。
窓ガラスの無い列車はまさに爽快!新緑や紅葉の時期の絶景はもちろん、特徴のある車両やレトロな駅舎、スイッチバックなど、観光客に大人気です。
トロッコ列車「奥出雲おろち号」は、4月初旬から11月下旬までの金曜日・土曜日・日曜日・祝日に運行しています。また、ゴールデンウイーク・夏休み期間・紅葉期間には平日も運転しています。

「奥出雲おろち号」
運転情報の問い合わせ先:
JR西日本米子支社木次鉄道部 tel:0854-42-5457
JR木次駅 tel:0854-42-0127
URL: http://www.hiikawa-summit.info/orochi/index.html



   
       
 

画像江戸時代から続く・「斐伊川和紙」

画像
▲丈夫な「斐伊川和紙」ならではの小物!座布団や名刺入れもあるよ〜



木次駅から車で10分ほど、のどかで、きれいな田園風景のなかに「斐伊川和紙」はあります。現在7代目の井谷 伸次さんを中心に、ご家族みんなで和紙作りをしています。
かわいい和紙の小物が並ぶショップが併設されています。
親切で説明上手な井谷さんにいろいろ教わりながら、お買い物できるのが楽しいですよ〜


「斐伊川和紙」
〒690-2511 島根県雲南市三刀屋町上熊谷302
tel 0854-45-3886


 

   
       
 

画像1つ1つ職人が心を込めて焼く出西(しゅっさい)窯

画像
▲作品として芸術性を求めるのでなく、
普段の生活のなかで普通に使う器に
「日用の美」を取り入れるというコンセプトは、
多くの人を魅了し愛され続けています!



戦後まもない頃に地元の青年5人が窯を作り、柳宗悦、濱田庄司、河井寛次郎、バーナード・リーチといった民藝運動のリーダーたちに器作りの精神を学んだという「出西窯」
職人が器作りをしている工房は自由に見学可能です!インターネットでのオーダーも可能ですが、出雲にお越しの際はぜひ足を運んでみてください。



「出西窯」
〒699-0612 島根県出雲市斐川町出西3368
tel 0853-72-0239
URL: http://www.shussai.jp/


 

   
       
       
       
 

   
       
       
       
       
       
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.