画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら    
 
  オトク情報
編集者から:「こんな身近な所に色々な発見があったねぇ〜」と渡辺徹さんと共に千葉で江戸を探した演出の伊藤から「又食べに行きた〜い!」というお得情報・千葉の味です。

 
   
 

江戸前のニューフェイス「ホンビノス貝」

画像

▲ハマグリに似て濃厚な味・「ホンビノス貝」

船橋は江戸時代、幕府に海産物を献上していた由緒ある漁港。江戸前の魚と言えば、アサリや青柳などの貝類ですよね。遠浅の海に干潟が広がっているため貝がよく育つそうです。そんな東京湾の新たな名物ということで「見どころ」でさわりをご紹介したのが「ホンビノス貝」です。身がしっかりしていて濃厚な味わい、値段も安いんですよ〜 ぜひ召し上がってみてください。

「かねはち水産」
〒273-0011
千葉県船橋市湊町1丁目12−12
かねはちビル
047-404-2100




   
       
 

画像江戸時代から続く東京湾の名物と言えば「海苔」

画像
▲船橋三番瀬 焼き海苔 紫 1,080円

由緒ある船橋の海では海苔の養殖も行われています。海苔作りは冬が旬!「坂才丸」の滝口さんが一家で作る海苔は、今シーズンの初セリで最高値をつけた特に味が濃くて美味しいと評判の一品です!


「江戸前海苔師 坂才丸」
〒273-0003
千葉県船橋市宮本3丁目7−3
047-437-7788








   
       
 

画像成田山表参道の名物!うなぎ・「川豊」

画像
▲上うな重 3,100円


江戸時代、成田詣が流行し、多くの参拝客が訪れるようになった成田山新勝寺。その参道では、江戸から数日歩いてやってくる旅人の疲れを癒そうと「鰻」が提供されました。それで今でも成田山と言えば鰻なんですね。老舗の鰻屋のひとつ「川豊」は井戸水で生かした鰻をその場で捌き、代々つぎ足してきたタレで焼き上げます。口の中でホロホロと溶けていく鰻、ご堪能ください。


「川豊本店」
〒286-0027
千葉県成田市仲町386
0476-22-2711





   
       
 

画像江戸時代のスーパーフード「焼き麩」

画像
▲2本入り くるま麩 1袋150円〜

これも江戸時代、小麦を粉にする技術が普及して庶民の間に広まった焼き麩。どんな味にもなじみ、長期保存できて、安いし軽い、正にスーパー食材です!佐原で伝統的な麩作りを続ける宮田さんの工場にお邪魔し、様々な「麩」料理を堪能させてもらいました。代表的な料理をアラカルトでご紹介します。


「宮田食品工業所」
〒287-0003
千葉県香取市佐原イ1923
0478-55-0316

 

   
       
       
       
       
 

   
       
       
       
       
       
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.