画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
 

札幌市中央卸売市場

今回、大和田さんは特別に1階を回って新鮮な海の幸や競りなどを見学させていただきましたが、一般には2階見学通路からの見学が可能です。取引の様子や市場の活気を体感できる競り時間帯での見学(水産物部 AM5:15〜6:30頃、青果部 AM6:30〜7:30頃)がオススメだといいます。大和田さんも食べた「水仲食堂 順路」は見学者も食べられますので、見学からの流れで!様々なメニューがあるので、どれを頼もうか迷ってしまうという贅沢な悩みが待っているはずです。


お問合せ先
札幌市中央卸売市場
HPアドレス:http://www.sapporo-market.gr.jp/

  画像
見学者も食べられる、
「水仲食堂 順路」のリッチ海鮮丼です。
 
         
 

画像ファットリアビオ北海道

チーズマスター、ジョヴァンニさんが生み出すチーズの数々。『最高のイタリアンチーズとその製法を日本に輸入し、イタリアのフレッシュチーズの文化を日本列島に広めていく』という想いが込められています。モッツァレラやリコッタ、カチョカヴァロやブッラータなど、イタリアで古くから食べられていたチーズ、その本場の味の奥深さ!是非体感してください。

お問合せ先
ファットリアビオ北海道
HPアドレス:http://fattoriabio.jp/

  画像
ファットリアビオ北海道です。

画像
フレッシュチーズ「ブッラータ」です。これが‥‥
※写真はホームページより抜粋
画像
こうなります。見た目のインパクト大です。
※写真はホームページより抜粋

 
         
 

画像ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます。』

北海道産のサフォークを、生産から加工、熟成、販売まで一貫して行っている、ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます。』。日本にしかない「いただきます」という感謝の言葉を大切にしたいという代表・中島さんの想いが、店名に込められているそうです。肉質にもこだわり、タレのみならず塩コショウでも美味しく食べられるよう、独自の品質に仕上げているといいます。またひと味違ったジンギスカンとの出会いがあるはずです。


お問い合わせ先
ジンギスカン 羊飼いの店『いただきます。』
HPアドレス:http://じんぎすかん.net/


  画像
道内産のサフォークです。
画像
今にもジューッという音が聞こえてくるかのようです。
 
         
 

画像若鶏時代なると

地元・小樽で愛されている、若鶏時代なるとの若鶏半身揚げ。今では、若鶏といえば「あっ!なると」とつぶやくほどだそうです。味付けは、シンプルにあっさりとした塩で。外はパリッと中はふっくら、揚げ加減を見定めながら一本一本丁寧に揚げています。
そうした手間と絶妙な味付けが、小樽の人たちを虜にするのかもしれません。

お問い合わせ先
若鶏時代なると
HPアドレス:http://otaru-naruto.jp/

  画像
食べ応えたっぷり、若鶏半身揚げです。
 
         
 

画像大正硝子館

ガラスの町・小樽。大正硝子館は、テーマごとにたくさんの店舗に分かれていて、さらに、吹きガラスやとんぼ玉製作などを体験できる工房もあります。自分でつくった世界にひとつだけのガラス製品。旅の思い出にピッタリです。そして、小樽のガラス作家はもちろん、全国のガラス作家の製品が取り揃えられているので、訪れる度にまた新しい作品と出会うことができます。


お問い合わせ先
大正硝子館
HPアドレス:http://www.otaru-glass.jp/

  画像
美しいグラスや、
画像
ネックレスなど、様々なガラス製品を取り扱っています。
画像
ガラスペンは、店舗の一つ「月下美人」にあります。
 
         
 

画像岬の湯しゃこたん

日本海の雄大な眺めが自慢の温泉、岬の湯しゃこたん。右に積丹岬、左には神威岬を一望できる絶好のロケーションです。特に、海が鮮やかに染まる夕景は格別!大和田さんが言うように、「言葉はいりません」。聞こえてくるのは波の音だけ。贅沢なひと時とともに、体と心のコリをきっとときほぐしてくれます。


お問い合わせ先
岬の湯しゃこたん
TEL:0135-47-2050
住所:積丹町大字野塚町212-1

  画像
これぞまさしく絶景!です。

 
         
         
 



 
 
         
 

     
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.