画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
 

苔玉づくり

唐松・霧・苔が有名な軽井沢。そのひとつ、苔を使った、インテリアとして楽しめて見てても癒される苔玉づくりを体験してみてはいかがでしょうか。所要時間は約40分〜50分。
鈴木さんたちが丁寧に指導してくれますので、オリジナルのかわいい苔玉をつくることができます。軽井沢の記念に是非!ひとつできると、またひとつ欲しくなるかもしれません。


お問合せ先
ラブジャパンブランド
HPアドレス:http://lovejapanbrand.strikingly.com/

  画像
苔玉です。見ているだけで癒される感じがします。
 
         
 

画像軽井沢タリアセン

軽井沢タリアセンは、「自然、美術館、文学」と「遊ぶ」が融合した複合レジャー施設。旧朝吹山荘(睡鳩荘)といった別荘を見るだけではなく、ボートやファミリーゴルフ、アーチェリーやテニスといったスポーツもでき、ゴーカートやちびっこ広場など、家族で楽しむことができる場所もたくさんあります。四季を感じながら別荘を眺めるもよし、思いっきり羽をのばして遊ぶもよし!です。

お問合せ先
軽井沢タリアセン
HPアドレス:http://www.karuizawataliesin.com/

  画像
湖畔に建つ旧朝吹山荘(睡鳩荘)です。
 
         
 

画像軽井沢彫家具工房 一彫堂

ひとつひとつ手作業でつくる匠の技・軽井沢彫り。原型は、日光の木彫り職人たちが軽井沢に呼ばれ、欧米人の別荘のために製作した家具だそうです。そして、西洋家具の形式に日本古来の技法を融和させ、独特の家具を造り出しました。今なおその技法が代々引き継がれ、軽井沢彫りは長野県伝統工芸品の指定を受けています。小物から家具まで、職人さんの思いが詰まった逸品たちです。


お問い合わせ先
軽井沢彫家具工房 一彫堂
HPアドレス:http://www.icchodou.com/


  画像
軽井沢彫りの箸、
画像
手鏡といった小物や、
画像
椅子など、様々な家具もつくっています。
 
         
 

画像柏倉製菓

軽井沢の特産物・花豆。その花豆を使った名物・花豆赤飯は、軽井沢ではお祝い事などで食べられるそうです。大きくて食べづらいかと思いきや、柔らかく煮込んであるので、その食感も楽しむことができます。他にも、花豆の甘納豆や長野名物のおやき、お団子やドーナツも売っていますので、何を食べようかついつい迷ってしまうはずです。

お問い合わせ先
柏倉製菓
TEL:0267-42-4505
住所:北佐久郡軽井沢町軽井沢742−6

  画像
ほんのり甘い花豆と、
赤飯の相性がとてもいいです。
 
         
 

画像軽井沢発地市庭と白ほたる豆腐店

新鮮な地元野菜などを取り揃えた軽井沢農産物等直売施設、軽井沢発地市庭。
ジャムといった加工品やお花なども扱っているので、おしゃれな店内をじっくり見て回るだけでも楽しめます。さらに、レストランで食事もできるほか、白ほたる豆腐店では、笛木さんが飲んだ「飲むお豆腐」を味わうことも!遅くなると野菜が売り切れてしまうので、なるべく早く行かれることをオススメします。


お問い合わせ先
軽井沢発地市庭
HPアドレス:http://karuizawa.hotchi-ichiba.com/

白ほたる豆腐店
HPアドレス:http://karuizawa.hotchi-ichiba.com/shirohotaru.html

  画像
軽井沢発地市庭、店内には、
朝採れ野菜がたくさん並んでいます。
画像
白ほたる豆腐店の、
飲むお豆腐プレミアムのいちごです。
 
         
 

画像ちもと総本店 軽井沢本店

軽井沢の天然氷を使ったかき氷が食べられる、ちもと総本店 軽井沢本店。
天然氷の、シャリッとしながらもフワッとした独特の食感は何とも言えません。器からはみ出るくらいたっぷり盛ってある氷が嬉しい限りです。他にも、「ちもと餅」といった人気のお餅もあります。かき氷を食べながらのお餅!是非セットでいかがでしょうか。


お問い合わせ先
ちもと総本店 軽井沢本店
TEL:0267-42-2860
住所:北佐久郡軽井沢町軽井沢大字691-4

  画像
ちもと総本店 軽井沢本店です。
画像
人気No.1、宇治ミルク金時です。
 
         
         
 



 
 
         
 

     
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.