画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
 
     
 

柳川 川下り

総延長470キロメートルに及ぶ大小の掘割が網の目のように巡り、独特な水郷風景を形成している柳川。川下りは、その内の約4.5キロメートルを船で行く、所要時間70分ほどの旅です。熟練の船頭さんの巧みな棹さばき、心地よい船唄を聞きながら、四季折々の柳川の美しさを堪能できます。


お問合せ先
柳川観光開発
HPアドレス:http://www.yanagawakk.co.jp/

  画像
水郷の里を行く、70分の船旅です。
 
         
 

画像夜明茶屋

夜明けと同時に出漁する漁師さんの憩いの場だったという夜明茶屋。鮮魚店でもあり食堂でもあるので、有明海の幸を存分に味わうことのできるお店です。ムツゴロウやワラスボの活き造り、ワラスボの姿揚げ、マジャクの唐揚げなど、普段目にすることも食べることもないような食材がたくさんあります。ここでしか体験できない味を一度どうぞ。見た目とのギャップに驚くはずです。

お問合せ先
夜明茶屋
HPアドレス:http://www.mutugorou.co.jp/

  画像
夜明茶屋です。
画像
見た目は異様なワラスボですが、
これが食べてみると美味しいんです。
 
         
 

画像元祖 本吉屋

柳川の名物、うなぎのせいろ蒸し。タレをまぶしたご飯の上に、焼き上げたばかりのうなぎの蒲焼きをのせ、色添えにもなる錦糸卵をあしらって、二度せいろで蒸す。その手間たるや相当なものですが、そうした手間を惜しまず調理するからこそこの味が生まれていると考えると、さらに味わい深く感じるはずです。そんな逸品との出会いを是非。未体験の味がここにはあります。


お問い合わせ先
元祖 本吉屋
HPアドレス:http://www.motoyoshiya.jp/


  画像
本吉屋です。
画像
うなぎのせいろ蒸し、照りが見事です。
 
         
 

画像筒井時正玩具花火製造所

『守りながら磨く』この熱い想いと信念を持ち、線香花火に代表される伝統の技、歴史を引き継いできたという筒井時正玩具花火製造所。材料は純国産、そして、すべての花火ひとつひとつが職人さんの熟練した技によってつくられています。「侘び寂び」といった日本の美、文化を象徴しているような花火の数々。何も考えずボーッと見ていたり、見ていると様々な記憶や思い出がわき起こってきたりと、その時々で感じ方が違うのが花火の魅力です。


お問い合わせ先
筒井時正玩具花火製造所
HPアドレス:http://tsutsuitokimasa.jp/


  画像
「東の線香花火 長手牡丹」です。
※写真はホームページより抜粋
画像
「西の線香花火 スボ手牡丹」です。
※写真はホームページより抜粋
 
         
 

画像川の駅船小屋 恋ぼたる

マグネシウム・ナトリウム炭酸水素塩泉は、肌にとっても良い泉質で、美肌の湯として有名だといいます。また、カルシウム・マグネシウムを多く含んでおり、湯に面した部分は鍾乳洞みたいになることが多いので、風間さんが浸かっていた岩風呂も「石灰華」が付着してあのようになったそうです。そのほか、恋ぼたるには、物産館もあるので、地元の野菜や果物、お肉や工芸品など、買い物を楽しむこともできます。


お問い合わせ先
川の駅船小屋 恋ぼたる
HPアドレス:http://koibotaru.com/


  画像
川の駅船小屋 恋ぼたるです。
画像
露天風呂の岩風呂は、連日、
地元の常連さんで賑わっています。
 
         
         
 



 
 
         
 

     
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.