画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報

旅公演で訪れていた松山、芝居の後の夜の「おつかれさま」の時の顔しか知らなかった柴田さんにとって、今回の旅はとても新鮮だったようです。

昔からの伝統の食、新しい町おこしに色々な試みをする若い人、ご接待のおもてなし、ゴンドラや道後温泉という新旧の名所など等、女性に人気の町と言われる秘密もちょっと見ることが出来たようです。柴田さんが歩いて体験した、そんなこんなのお得情報お届けします。


 
     
 

獲れたて、絶品・アナゴのかば焼き

朝獲れの魚が並ぶ、地元のお客さんで大賑わいの「日下鮮魚店」。アナゴをその場で調理してくれたり、新鮮な魚で作る惣菜は大人気!

お問合せ先
「日下鮮魚店」
〒791-8078 愛媛県松山市中須賀3−3−5
電話 089−951−0433


  画像
秘伝のたれを絡めたかば焼き、「美味しい!」
画像
焼きアナゴ 650円〜
 
         
 

画像ご夫婦で営む女性に人気のパン屋さん

柴田さんご夫妻が「やって来た人たちが癒されるようなお店にしたい」と空き家を改築して開いたおしゃれな店。奥さんがパンを焼き、ご主人がマスターの隣のカフェでは焼きたてのパンを食べられます。

お問合せ先
「N’s Kitchen**&labo」
〒791-8062 愛媛県松山市住吉1−3−33
電話 090−8979−1520



 

画像
女性が好きになりそうなパンが並びます。シナモンロール  200円
画像
レモンバターケーキ280円
画像
くんちゃまベーコンのパニーニ 350円

 
         
 

画像親子で作る三津浜名物・三津浜焼

篠原さん母娘がいろいろ工夫をした三津浜焼を食べさせてくれる「こすもす」



お問合せ先
「こすもす」
〒791-8065 愛媛県松山市三杉町10−15
電話 089−952−1066



  画像
三津浜焼き・すじ肉入りが人気です
画像
うどんスジ入り(ネギトッピング) 850円
 
         
 

画像お遍路さんの疲れをいやす
接待所・「坂本屋」


標高700mの山岳霊場第45番札所 岩屋寺から難所として知られる三坂峠を下り、松山市の第46番札所 浄瑠璃寺に向かう途中にあります。平成16年春、歴史を残そうという多くの有志の協力で、地元住民と歩き遍路をする人々が交流できる接待所として修復されました。

お問合せ先
「坂本屋」
〒791-1131愛媛県松山市窪野町甲2146番地
※12月〜2月までお接待は休みです。


  画像
明治末期から大正にかけて建てられた宿。
昭和初期に廃業したものを修復。
土日には地元の有志の方たちがボランティアでご接待。
 
         
 

画像松山のシンボル
「シースルーゴンドラ・くるりんさん」

デパートの屋上にある大観覧車、町のパノラマを楽しむことが出来ます。

お問合せ先
「シースルーゴンドラ」
〒790-8587 愛媛県松山市湊町5−1−1 
いよてつ高島屋9階
電話 089−948−2111



  画像
2台のゴンドラがシースルーで人気です。
料金・シースルーは1人900円
 
         
 

画像日本最古の温泉施設と言われる「道後温泉」

年間100万に以上が訪れ、女性が選ぶ温泉地ランキング3年連続1位を獲得しているそうです。今年2017年9月には別館が出来て新名所になっています。

本館神の湯 入浴料 410円〜
又新殿(皇族専用の浴室)見学料 260円

別館
特別浴室   
部屋代2000円 
(家族風呂) 
入浴料 大人1650円 子供820円

お問合せ先
「本館」
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5−6
「別館・飛鳥乃湯泉」 
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町19−22
電話 089−921−5141(事務所・代表電話



  画像
「道後温泉本館」・現在の建物は国の重要文化財にも指定されています
画像
「別館」に再現された皇室専用の浴槽
飛鳥時代の高貴な方が身に着けたという湯帷子も再現
 
         
 



 
 
         
 

     
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.