画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
長崎〜五島列島・福江島の旅を楽しんだ浜口京子さん、本当に楽しそうでしたね。人々との出会いも忘れられない思い出になったようです。「人情溢れる方たちばかりで、愛情をたっぷり頂きました」という言葉で締めくくった浜口さんの旅のお得情報です。

 
     
 

お得歴史の空間・出島で遊ぶ。その1

「出島」へは長崎市内を走る路面電車で行くことが出来ます。

*出島にある「長崎はいからさん」で着物の着付けをしてもらってお散歩


お問合せ先
「長崎はいからさん」で検索してください。

  画像
出島内のお散歩コース1時間2000円
他にも長崎の街中散歩1dayコースなどもあります。

 
         
 

お得歴史の空間・出島で遊ぶ。その2

*歴史的な洋館にあるレストランで当時をしのぶ洋食を楽しむ


お問合せ先
「長崎市出島」で検索してください。

  画像
出島内の「出島内外倶楽部レストラン」では
パイ料理・パスティ1500円(スープ付き)を頂きました
 
         
 

画像ポルトガルゆかりのお菓子「千寿庵長崎屋」

ポルトガル伝来のカステラですが、今ではもうすっかり日本のお菓子ですね。
他にもいろいろ工夫された長崎ならではのお菓子がありました。

お問合せ先
「千寿庵長崎屋」
住所:〒850-0017長崎県長崎市 新大工町4−10
電話:095-822-0543




  画像
カステラの上に砂糖菓子の桃がのっています
桃カステラ・600円
画像
ポルトガル伝来の砂糖菓子アルフェロアが元という
水飴と砂糖で作る「有平糖(アルヘイトウ)」の細工物
春らしく土筆や蕨もありますよ(何となく発音も似ていますよね)

 
         
 

画像五島列島・福江島で「五島といえばの味」


*五島といえば「五島牛」
島の子供たちに教えてもらった五島牛の肉屋さん「ニク勝」


お問合せ先
「ニク勝」
住所:〒853-0201長崎県五島市富江町富江225
電話:0959-86-2475

 

画像
五島牛のひき肉とジャガイモを合わせたコロッケ(80円)
揚げたてを頂きました

 
         
 

画像五島といえば「五島うどん」

麺に島特産のツバキ油を塗っているからコシの強い、香りもいいという
「五島うどん」が出来上がります。五島特産のあご出汁で食べると
一段と美味しい、と浜口さん。

お問合せ先
「中本製麺 福江工場(食堂:おっどん亭)」
 〒853-0031 長崎県五島市吉久木町831−1
0959-72-4846


  画像
五島手延べうどん一束346円(税込)
 
         
 

画像料理によし、美容によし「五島のツバキ油」


毎年、春になると島のあちこちに咲く「ツバキ」、「椿まつり」には色々な
イベントが開かれ大勢の観光客が訪れるそうです。
その椿の実から作られる「ツバキ油」は五島の名産品。1キロの実を搾っても僅か300mlしか取れないそうです。

お問合せ先
「今村製油所」
所在地: 〒853-0051 長崎県五島市平蔵町3783
電話: 0959-73-0148


  画像
純つばき油800ml 6000円
 
         
 

画像五島の海の味・クエ「奥浦海鮮直売所」


クエなる魚、釣りをする人が「一度は釣ってみたい!」という大物。
一方、食べる方は西日本ではシーズンになると「一度は食べたいもんだ」の代表格なんだそうですが、それもいつも食べられるわけではない。「クエ入荷しました」のお知らせをみんなが待っている・・・ということで幻の味と言われているのですが、五島ではクエを養殖していました。見どころでも書きましたが、資源保護も兼ねて、みんなが好きなものは食べたい時に、と養殖が始められたそうです。
そんな訳で、浜口さんも飛び切りのクエを頂くことが出来ました!

お問合せ先
「奥浦海鮮直売所」
〒853-0053 長崎県五島市奥浦町2153
0959-73-0111


  画像
こんな大物、釣ったら気持ちいいでしょうね!
画像
捌きたての切り身を“しゃぶしゃぶ”して頂きました
 
         
         
         
         
 

     
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.