画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報

初めての「遠くへ行きたい」を大人の雰囲気で見せてくれた石田純一さんの旅だったと思いますが、皆さんは如何でしたか。冒頭の八幡平に向かう霧の中「Mistyというか Foggyというか…」初めての土地での霧のお迎えもなんだか想像が膨らむ独り言でした。自分たちで名物を作ろうと色々な工夫をしている陸前高田の漁師さんたちとの出会い、拘りの元祖盛岡冷麺…思わず頷いてしまいました。そんなこんなの石田さんの旅のお得情報です。。

 
     
 

お得野趣あふれる八幡平の「藤七温泉・彩雲荘」

紅葉を楽しみ、源泉で茹でる黒玉子を味わって名物の露天風呂。これも気持ち良さそうでしたね。積雪の時期になると春まで閉鎖されるそうですから、詳しくは彩雲荘にお問合せ下さい。

お問合せ先
「藤七温泉 彩雲荘」
〒028-7302
住所:岩手県八幡平市松尾寄木
電話:090-1495-0950

 

画像
秘湯に来た〜という入口です
画像
微妙な塩味で、2個3個と食べる人もいるそうです。
画像
「これ、600円安いですね、2000円くらいとれますよ」と
石田さんがつぶやいた絶景です

 
         
 

お得浄法寺町・漆器販売店「滴生舎」

漆かき職人の鈴木さんから伺った「縄文の遺跡から発掘された土器に漆が使われている」という話に興味津々の石田さん、器への想いが更に深くなったようです。

お問合せ先
「滴生舎」
〒028-6941
住所:岩手県二戸市浄法寺町御山中前田23-6
電話:0195-38-2511

 

画像
見どころで謎かけの二つの違いは
右:塗りたて、左:10年使い込んだ器でした。
使い込むと鮮やかな光沢が出てくるんだそうです

画像
石田さん、家族用に求めました。
1客・6480円〜

 
         
 

お得元祖盛岡冷麺「食道園」

父親が作るのを見て体で覚えたという2代目青木雅彦さんに厨房で工程を見せてもらって感激の石田さんでした。


お問合せ先
「食道園」
〒020-02022
住所:岩手県盛岡市大通1丁目8-2
電話:019-651-4590

 

画像
麺生地の作り方まで見せて頂きました

画像
冷麺・950円:スープまで完食「盛岡冷麺の奥深さに感動です」

 
         
 

お得陸前高田の新名物開発中「海中熟成酒」

広田湾で希少価値の「イシカゲガイ」の養殖をしている漁師さんたちが、名物にしようと開発しているのが、海中でユラユラと熟成する「海中熟成酒」。
石田さん、試飲させて頂きました。まだ発売できる生産量ではないのですが、年に2回ほど広田湾で水揚げ、試飲の体験が出来るそうです。時期などについては下記へ問合わせてください。


お問合せ先
「合同会社ぶらり気仙」
〒029-2206
住所:岩手県陸前高田市小友町字腰廻19-2
広田湾遊漁船組合 事務局
電話:090-1426-7550



 

画像
海の中で波に揺られて育ったお酒
早く新しい名物となって
出荷されるのが待ち遠しいですね。

 
         
  *番組では紹介できませんでしたが石田さんはこんなところでも、美味しいものを頂きました!      
         
 

お得産直の野菜市場「松っちゃん市場」

八幡平の麓にある産直市場。農家の皆さんが持ち寄る新鮮な野菜や果物が
安く手に入るので人気です。

お問合せ先
「松っちゃん市場」
〒028-7302 
八幡平市松尾寄木2-512
0195-78-3002

 

画像
店内に入ると地元の産物がずら〜り
画像
リンゴ1袋・250〜300円

 
         
 

お得陸前高田の新鮮な魚介類が自慢「鶴亀鮨」

名物のイシガゲガイの刺身、鮨などを作って頂きました。イシカゲガイが提供出来るのは毎年7月〜10月上旬なのですが、いつも陸前高田の新鮮な魚をさばいて握ってくれます。イシカゲガイ、赤貝に似ていましたがビックリの動きをする貝でしたね。

お問合せ先
「鶴亀鮨」
〒029-2205
岩手県陸前高田市竹駒町字相川7-1
0192-54-2998

 

画像

 
         
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.