画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報

先週の見どころの繰り返しになりますが<思わず、ニヤリ、クスリ…>
松尾さんの言葉もそうですが、出会った方々の行間に表せない当意即妙、ユーモアに感心しました。
そして松尾さんの〆の言葉「(私)和歌山、なめてましたわー」、見終わってみなさんは実感しませんでしたか?
熊野、古座川、新宮にお出かけになったらお店もさることながら、店主たちとの会話、行きかう外国人観光客との会話をお楽しみください。

 
     
 

お得みかんの本場の「ミカンジュース」

田辺駅に降立って、「田辺駅前ひろば」の看板に誘われて入った店でいきなり本場の味に「ガツ〜ン」と来た松尾さん。その正体は新鮮なみかんを搾った「愛須商店」の生しぼりみかんジュースでした。

お問合せ先
「愛須商店・駅前支店」
〒646-0031
和歌山県田辺市湊963-1
電話:0739-34-3273

 

画像
こんな不思議なジューサーから…
画像
一杯作るのにいつも7〜8個のミカンを使うそうです
1杯・300円

 
         
 

お得熊野古道・中辺路、
英語の商品表示が珍しくない店・
「古道の杜 あんちゃん」


最近では訪れる客の8割が外国人といいます。古道歩きの人たちのためのおにぎりや道具が沢山並ぶ「古道の杜 あんちゃん」の店主・木田豪さんとの会話も楽しいものでした。疲れ休めに評判の南高梅の梅干しを一つ食べた松尾さん、本格的な梅干し味に感嘆でした。

お問合せ先
「古道の杜 あんちゃん」
〒646-1421
和歌山県田辺市中辺路町栗栖川1226-2
電話:0739-64-0929

 

画像
店内にはおにぎり、お土産、杖、すげ笠など
外国人に人気の品々が並びます
勿論、英語の表示もあります

 
         
 

お得名物お母さんが楽しく迎えてくれる
「伏拝茶屋」

こちらも外国人に人気です。「May I help you?」と楽しげに店で接客するのは松本和代さん(74)おススメは氷砂糖、天然はちみつ、ドーナツ「疲れるやろ、甘いものが欲しいらしい」次々とやって来る客への対応、見事です。


お問合せ先
「伏拝茶屋」
〒647-1743
和歌山県田辺市本宮町伏拝157


 

画像
和やかに寛ぐみなさんです

 
         
 

お得自然の風が心地よい古道歩き 

途中で松尾さん、ふと気が付きました。「虫の音とか全然しない、鳥とかの音
なんにもしないですよ」という言葉、味わって頂けましたか。こんなさり気ないシーンを楽しむのも旅番組ですね。




 

画像
自然の醍醐味を味わいました

 
         
 

お得世界遺産登録の温泉

熊野本宮大社から湯の峰温泉へ。本宮参りの人々が疲れを癒す温泉として知られる温泉場ですが、ここで一度は入りたいのが「つぼ湯」です。30分交代制。

 

画像
熱いお湯がどんどんたまりますから、入ると時にはご用心です
松尾さんもその熱さに驚きました。
大人・770円 12歳未満・460円

 
         
 

お得熊野の森のアロマオイルサロン
「エムアファブリー」

新宮へ向かう途中で見つけたのは、森の木々からオイルを抽出している作業場でした。杉の葉、クロモジの出来立てオイルの香りに癒され、なんとアロマの香りチョコレートまで作っていると聞きました。これらの製品は代表を務める竹原真奈美さんの店舗、新宮市の街なかにあるアロマサロン「エムアファブリー」で販売されています。

お問合せ先
「エムアファブリー」
〒647-0043
和歌山県新宮市緑が丘3-1-29
電話:0735-22-0662

 

画像
熊野の香り・アロマオイル2600円〜
画像
熊野の香り・チョコレート1490円(8個入り)

 
         
 

お得冬でもカキ氷・「仲氷店」

毎年2月に行われる「お嶝まつり」で知られる神倉神社の参詣者だけでなく観光客にも人気の店・「仲氷店」。創業半世紀以上という店主の仲充紀さんが作る熊野名産の柑橘「じゃばら」を使ったオリジナルシロップなども人気ですが、地元の人が愛してやまないのは「スイカ氷」。

お問合せ先
「仲氷店」
〒647-0081
和歌山県新宮市新宮551-12
電話:0735-21-5300

 

画像
松尾さんも頂きました。スイカ氷・200円

 
         
 

お得新宮名物・サンマのなれ寿司 
東宝茶屋

一年以上、手間をかけて熟成させて作るサンマのなれ寿司。海が近いのになぜなれ寿司にするのか?新宮辺りまでサンマが下ってくると、脂が少なくてサンマとして味が落ちるので、保存食としてなれ寿司にして食べるようになったんだそうです。創業60年という「東宝茶屋」でなれ寿司の色々を頂きました。
ビックリしたのは30年物のなれ寿司!

お問合せ先
「東宝茶屋」
〒647-0017
和歌山県新宮市横町2丁目2−12
電話:0735-22-2843

 

画像
サンマのなれ寿司・1300円
画像
松尾さん曰く「チーズとヨーグルトの間みたいな」
30年もの珍味本なれ寿司・1700円

 
         
 

お得古座川の鮎づくし「鮎のたなみや」

古座川の伝統漁「火振り漁」で獲れた鮎を、女将の東英子さんの手になる鮎づくしで頂きました。
この季節の落ち鮎は白子を持っていてこれが又格別だそうです。

お問合せ先
「鮎のたなみや」
〒649-4106
和歌山県東牟婁郡古座川町直見91
電話:0735-72-2138

 

画像
塩焼き
画像
刺身と白子
画像
丸ごと一匹入りの雑煮、正月料理だそうです
画像
炊き込みご飯、余りの美味しさに3杯もおかわりしました!

 
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.