画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報  
     
 

ちょっと大人の社会見学という気分で見てまわったり、お話を聞いたりのふれあいを楽しんだ室井さん。尾道の商店街で日本刀の楽しみ方を教えて貰った武具店、本を回収したり、探したりと町の人の図書館的役割を果たしている夜にしか営業しない古本屋さん、猫の町を楽しんでもらうためにネコアートの数々を味わえる“猫の細道”を造ったりしている画家、活版印刷の体験をしたり・・・初めての尾道で楽しい発見をした室井さん。そんな中からのお得情報です。


 


 
         
 

お得揚げたてのごぼう天、あつあつを頂きました
「桂馬蒲鉾商店」

尾道本通りで行列を作っている店を発見!注文を受けてから揚げているごぼう天ですから、出来たてを頂けるので人気です。残念ながら、揚げたては土日限定です。

お問合せ先
桂馬蒲鉾商店
〒722-0035
広島県尾道市土堂1丁目9-3
電話:0848-25-2490

 

画像
揚げたてごぼう天 1個・200円

 
         
 

お得歴史ある刃物店「山崎清春商店」

本通りで一際目を惹く、刃物店。中には甲冑や刀剣がずら〜り 「他にはないものをやりたい」という四代目の熱い想いで、 店内には面白いものがいっぱい!昆虫の仕込みナイフ、刀の鍔や柄などのパーツを使ったアクセサリー、貴石や骨を柄に使ったオシャレな包丁など、など。 一日見ていても飽きないほどです。 室井さんはこちらで毛抜きに一目ぼれ。 職人さんが一つ一つ手作りしているもので、お値段は1万6200円!


お問合せ先
「山崎清春商店」
〒722-0035
広島県尾道市土堂1−2−10
電話:0848-25-2211


 

画像
これは一生ものですね。

 
         
 

お得ネコ好きにはたまらない「猫の細道」

尾道では、高齢化で坂の上の地区から去る人が増え、空き家が増えていました。 寂しくなる景色を蘇らせようと、画家の園山春二さんは日曜大工で古民家を補修し、 招き猫美術館やねこグッズの店、カフェなどを作ったのだそうです。 カフェでは、尾道の景色を眺めながら、ホットみかん(期間限定)などを楽しむことができます。 このカフェは月に1度、満月の晩はワインバー(予約制)になります。

お問い合わせ
招き猫美術館in尾道
広島県尾道市東土堂町19-26
0828-25-2201
10時〜17時(木曜定休)

お問い合わせ
ねこグッズの店 Le chat
広島県尾道市東土堂町15-21
070-6496-0393
10時〜17時(水曜定休)

お問い合わせ
梟の館
広島県尾道市東土堂町15-17
0848-23-4169
10時〜日没(水曜定休)


 

画像
「ネコの細道」を楽しむ観光客
画像
美術館には招き猫も沢山いて楽しそうです
画像
本物のネコも可愛い!
画像
フクロウのインテリアに囲まれて一休み

 
         
 

お得懐かしい活版印刷の体験「活版カムパネルラ」

鉛の活字を一つずつ拾って、版を組んで印刷する活版印刷。この体験をさせて貰えます。室井さんが体験したのはBコース・3,024円


お問い合わせ
「活版カムパネルラ」
〒722-0033
広島県尾道市東土堂町11-2
電話:0848-51-4020

 

画像
昔は職人さんがピンセットで一文字3秒ぐらいで拾っていたそうです

画像
室井さんが作った“しげるチビタマ 尾道2019”

 
         
  *室井さん、尾道では色々なところに行きました。番組で放送できなかったところをご紹介します。      
         
 

お得現存する日本最古の商業会議所・
「尾道商業会議所記念館」


旧街道をそのまま生かした尾道の商店街には、築100年近い建物も数多く残されています。その中の一つが商店街の中央に位置する尾道商業会議所記念館。現存する鉄筋の商業会議所としては、日本最古の建物です。 現在は観光案内所を兼ねた史跡になっています。 2階の議場は貸しホールとして利用することもできるそうです。


場所
広島県尾道市土堂一丁目8番8号
0848-20-0400
10時から18時
定休日:木曜日(木曜が祝日の場合は開館)、年末年始

 

画像
現存する鉄筋の商業会議所としては、日本最古の建物です。

画像
元の2階の会議場は貸しホールとして利用できるそうです

 
 

     
 

お得北前船ゆかり、住吉神社の“力石”

海にせり出すように立つ住吉神社は、海での安全を祈願する 港町尾道のシンボルです。 住吉神社には、北前船に荷物を運ぶ仲仕たちが 力を競ったという力石があります。 女性でもすごく頑張れば、ちょっと動きます。 その後には、北前船の船主たちの名が。 室井さんの故郷・越中(富山)の船主もありました。


場所
広島県尾道市土堂2丁目10-12
0848-22-2165

 

画像
見かけは手頃な大きさに見えますが、持ち上げるには結構、力がいります。

 
         
 

お得尾道の旬の食材を手入れるなら「ええじゃん尾道」

尾道の旬の食材は、JAが運営する「ええじゃん尾道」で買うことができます。 季節の野菜・果物だけでなく、尾道の漁港からの魚など尾道産100%。 火曜・土曜は漁師さんがいて、魚の説明や食べ方を教えてもらえます


場所
広島県尾道市東尾道13-1
0848-55-9048
9時から18時 休み:年末年始

 

画像
町の人にも人気の市場です。

 
         
 

お得夜限定開店のアンティーク店
nontique TAKARAMONO


お店が早く閉まる尾道では、昼はバイトをして、 夜限定で自分の店を始める若者たちが増えています。 こちらのアンティーク店も、その一つ。商店街の裏手にあって、 東京の専門学校で出会った広島出身の2人が、 いつか尾道で店をやろう!という夢を持ち、昨年の12月にオープンしました。 部室みたいな雰囲気で、尾道の若者たちの集い場になっています。 営業時間は18時半から21時。土曜は昼から開いています。


場所
nontique TAKARAMONO
広島県尾道市十四日元町3-21 Sビル2F

 

画像
宝島探検みたいな楽しみもあります

画像
品物観るだけでなく、若者たちとの会話も楽しいお店です

 
         
 

お得地穴子丼の店 保広

鮮度と仕入れ第一主義をモットーに、瀬戸内海で獲れた魚を直接、漁師さんから仕入れている。
アナゴはアッサリとした良質な脂で、直火でじっくりと焼き上げ、
継ぎ足しで受け継がれた秘伝のタレで仕上げる地穴子丼が人気です。


場所
鮨と魚料理 保広
〒722−0035
広島県尾道市土堂1−10−12
0848ー22−5639
営業時間11:30〜14:00
17:00〜21:00
定休日:月曜日

 

画像

画像

画像
地穴子丼1,750円

 
         
         
         
         
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.