画像
番組からのお知らせ
番組データ集
ご意見・ご感想
(c)安野 光雅
  みどころこちら      
 
  オトク情報
渡辺徹さんの福井県三国〜大野の旅如何でしたか。この旅で大野市の役所の方から「 渡辺徹さんの出身地・茨城県古河市は、唯一、福井県大野市と姉妹都市を結んでいます」というお話を聞きました。姉妹都市といえば、昨年大阪市がサンフランシスコ市と慰安婦像の設置をめぐる話題がありました。東京がニューヨークや北京、ソウル、パリ、神戸がシアトル、マルセーユ、リオデジャネイロという具合に国際的な二都市間外交だけではなく、国内の町や都市が姉妹都市、友好都市として交流をしているんですね。
大野市の場合は江戸時代に古河藩、大野藩のつながりが出来てその300年を記念しての祭典がきっかけとなり、平成2年に「姉妹都市提携」「災害時における相互応援協定」が結ばれて現在に至っているんだそうです。
そういえば、かつて永六輔さんと長野県の諏訪大社・御柱祭りを見に行った時、この神社は長崎県の諏訪神社とつながりがあって、今も交流が続いているという話を聞いたことがあります。これも友好関係の流れとすれば、歴史的に関係のある二か所をつなぐ形の旅も出来ますね。姉妹都市談義が長くなりました。
それでは、渡辺徹さんが歩いた三国〜大野の旅のお得情報です。

 
     
 

お得東尋坊の商店街・「やまに水産」

旅の始まりはサスペンスドラマで見たことあるな、という有名な東尋坊でしたがこちらの商店街には越前の海のおいしいものが色々ありました。そのなかでお邪魔をしたのは「やまに水産」。「どれもこれも美味しくて、旅の始めから食べ過ぎ〜」という渡辺さんでした。

お問合せ先
「やまに水産」
〒913−0063福井県坂井市三国町東尋坊
TEL.0776-81-3420
http://www.yamanisuisan.com/

  画像
やまに水産・店先で頂く贅沢がいっぱいです
画像
甘えび焼き 1串430円
画像
焼き物アラカルト
 
         
 

画像越前ガニを品定め「田島魚問屋」

大きなかにの看板が目印。三国の老舗魚問屋で宮内庁御用達の「田島魚問屋」。越前かにの販売を始め、「お食事処 田島」では漁であがったその日に調理される新鮮な越前がにを食べることができます。
〇越前がには11月〜3月の期間限定です
お食事処の名物丼・かに丼 5、300円


お問合せ先
「田島魚問屋」
〒913−0056
福井県坂井市三国町宿1丁目10−10
店舗販売 
TEL:0776-82-6462
FAX:0776-82-1968

「お食事処 田島」
0776-81-7800
定休日:木曜日
http://www.echizenkani.co.jp/index.html

  画像
「越前ずわいがに」さすが本場、立派!の一言
 
         
 

画像おいしいカニ尽くしの寿司「富士寿司」

かにをまるごと一匹を食べるのが三国の人たちの冬の贅沢といいます。「富士寿司」では大将が描いた越前かにの絵をみながら握りをはじめ、かにづくしの料理を食べることができます。
かにざんまいはその時の大きさにもよるので時価ですが、カニがふんだんに入ったご主人のオリジナル・かにクリームコロッケは一皿700円、ほかにカニの寿司などもあります。


お問合せ先
「富士寿司」
〒913−0016
福井県坂井市三国町三国東4丁目1−5
рO776−82−1827
定休日:火曜日

  画像
かにの身のにぎりとカニみそたっぷりの軍艦
 
         
 

画像大野の冬の名物・でっち羊羹「松田陽明堂」

大野市の冬の名物「でっち羊羹」。大野の名水を使った冬季限定のこの羊羹はあっさりした味わいが評判です。羊羹とチョコレートが合体した新しい味わいの「ショコラdeようかん」という新しい味も若者に人気です

お問合せ先
「松田陽明堂」
〒912−0022 
福井県大野市陽明町3−406
рO779−66−5388
定休日:不定休


  画像
でっち羊羹 1箱 750円
 
         
 

画像ソースではなく、しょう油を使ったカツ丼

高校生が作成したポスターが町を盛り上げていましたね。ポスターに描かれた明るいご夫婦が営む大野市のお蕎麦屋さん「お清水」では、大野で誕生したという「醤油カツ丼」を食べることができます。
醤油カツ丼 750円他におろしそば 500円も評判です。
夜は居酒屋さんとして営業しています。


お問合せ先
「お清水」
〒912−0086
福井県大野市泉町3−8
TEL 0779-66-2595
定休日水曜日
http://www.meisui-teuchisoba-oshozu.com/menu1.html


  画像
ソースじゃなくて醤油をかけて食べるところが
ユニークな醤油カツ丼
 
         
         
 

画像幻のさといも「上庄さといも」

大野市の上庄地区は周囲を山に囲まれたのどかな山里。冬は積雪が多く、晩夏から秋にかけては寒暖の差が大きく、その温度差が作物をおいしくするといわれています。「上庄さといも」もその1つ。身が引き締まって煮崩れしないそうです。大野の自然が生み出した貴重なさといもです。
上庄さといも(冷凍)500g×2袋 980円

お問合せ先
「一般財団法人 越前おおの農林樂舎」
〒912−0082
大野市大和町3−7
рO779−66−1141 
Fax0779−66−1142
http://shop.ono-gakusya.jp/
※電話、FAXで注文を受け付け、全国に発送しています。


  画像
「身のしまり方がまるで栗のよう」と渡辺さん
画像
「上庄さといも」は
「一般財団法人越前おおの農林樂舎」から取り寄せ出来ます
 
         
 

画像大野のそば打ち名人が作る「おろし蕎麦」

大野在来種の蕎麦の実を使った蕎麦はほかの地域に比べ粘りがとても強く、歯ごたえが抜群なので大根おろしをのせて頂くのが美味しい食べ方なんだそうです。番組ではご紹介できませんでしたが、蕎麦打ち名人の篠島秀夫さんのお宅を訪ね、おいしい蕎麦と蕎麦団子をご馳走になりました。



  画像
そば打ち名人・篠島さんの見事な技です!
画像
篠島さんの作った「おろし蕎麦」
 
         
         
         
 

     
         
Copyright(c)TVMANUNION,Inc.,YTV
Allrightsreserved.